嵐櫻井翔「ヘタレ露呈」二宮和也に“睨む・あざ笑う”、まるで取り巻きの女子!松潤とは対照的に“行動に移せない派”?

編集部

嵐櫻井翔「ヘタレ露呈」二宮和也に睨む・あざ笑う、まるで取り巻きの女子!松潤とは対照的に行動に移せない派?の画像1

 国民的アイドルグループ「嵐」の活動休止まで、いよいよ残り1年となった。

 今年11月に二宮和也が元フリーアナウンサーの一般女性との結婚を発表してから、メンバー間に不穏な空気が流れているのは周知の事実である。2020年末に控える活動休止を待たずして、結婚発表を強行した彼に怒りを覚えることも仕方ない。

 結婚発表後もメンバー5人が揃って撮影や収録に臨む仕事は幾度かあったが、その度に現場には重苦しい空気が漂い、周囲には二宮と松本潤・櫻井翔らの不仲状態が一目瞭然だったようだ。26日発売の週刊誌「週刊文春」によると「インタビュー中に二宮が口を開くと松本はそっぽを向いて黙りこくり、櫻井に至っては二宮を睨みつけていた」ようで、祝福とは程遠いムードであることがわかる。

 さらに松本は、撮影で二宮との2ショットを求められると「ふざけんな!」と怒りをあらわにしたとの情報もあり、彼の嵐への思い入れの強さが伝わってくる。一方、「睨む」だけの櫻井。結婚発表の釈明会見では二宮に意味深な笑顔を向けて立ち去ったというが、松本のように行動には移せないようだ。ヘタレがこんなところでも露呈してしまうとは、情けなさを感じているファンも少なくないだろう。

 高所恐怖症であったり、恋愛においても超がつくほどの慎重派であることを公言していたりと、グループ1のヘタレキャラとして知られる櫻井。インテリなのにちょっと抜けているギャップがウケて人気を博してきたが、ここぞというときにビシッと言えない“真のヘタレっぷり”にはファンもがっかりするかもしれない。ただ、二宮に対して思うことはあるはずなのに言葉は発さず態度で伝える…良くも悪くも櫻井らしい。その優しい性格ゆえの“無言の意思表示”なのかもしれない。

 先日、彼らの活動休止に迫るオリジナルドキュメンタリーが31日より「Netflix」にて配信開始されることが発表された。本編で彼らは何を語るのだろうか。結婚発表後に収録した映像はあるのだろうか。注目が集まる。

嵐櫻井翔「ヘタレ露呈」二宮和也に“睨む・あざ笑う”、まるで取り巻きの女子!松潤とは対照的に“行動に移せない派”?のページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!