嵐櫻井翔の「二宮和也dis」が半端ない!? 松本潤の「冷めた態度」に参加?「あと1年は個人の事を度外視して、嵐じゃないとできない事」

編集部

嵐櫻井翔の「二宮和也dis」が半端ない!? 松本潤の「冷めた態度」に参加?「あと1年は個人の事を度外視して、嵐じゃないとできない事」の画像1

 依然、不仲説が飛び交っているジャニーズアイドルグループ・嵐。とりわけ、二宮和也に対する松本潤の冷めた態度に注目が集まっている。だが、その中に櫻井翔が加わったのではないかとファンの間で騒ぎとなっている。

 事の発端は日刊スポーツの連載「Saturdayジャニーズ」でのことだ。この連載はジャニーズアイドルのインタビューが週替わりで掲載するというもので、12月21日は櫻井が担当。今年年末に放送される『NHK紅白歌合戦』の白組司会にのぞむ意気込みや嵐の活動休止までの残り1年をどう過ごすかという問いに回答。櫻井の口からは前向きなコメントが並んでいた。

 しかし、その中にファンには気になるコメントがあったようなのだ。

「櫻井さんは活動休止までの残り1年について『とにかくあと1年は個人の事を度外視して、嵐じゃないとできない事、嵐じゃないと見られない景色を追い求めていきたい』と回答。ファンの多くからは賞賛されていたですが、一部のファンの間ではこれが結婚という個人の意見を優先した二宮さんへの『皮肉に聞こえる』と、ざわついていたんです。

 まあ、“個人の事を度外視して”とわざわざ言わなくても言わなくてもいいかなと……。『週刊文春』(文藝春秋)では二宮さんの結婚に猛反対していたとの報道もありましたから、内心かなり怒っているのかもしれませんね」(芸能関係者)

 また、後半の「嵐じゃないとできない事〜」にも深い意味があるのではないか、という見方もあるよう。

嵐櫻井翔の「二宮和也dis」が半端ない!? 松本潤の「冷めた態度」に参加?「あと1年は個人の事を度外視して、嵐じゃないとできない事」のページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!