『紅白』「タッキーやりすぎ」「宣伝かよ」ジャニー氏追悼“デビュー前組”ゴリ押しに批判殺到

編集部

『紅白』「タッキーやりすぎ」「宣伝かよ」ジャニー氏追悼デビュー前組ゴリ押しに批判殺到の画像1

 『NHK紅白歌合戦』の“ジャニー喜多川氏の追悼企画”に、来年1月22日に2組同時デビューするSixTONESとSnow Manがメインで出演することが発表された。

 同グループは、ジャニー喜多川氏がプロデュースしたミュージカルで歌われる「LET’S GO TO EARTH」と「Let’s Go to Tokyo」をジャニーズJr.と共にパフォーマンスする予定。

 SixTONESのジェシーは「ジャニーさんが伝えてきたこと、叶えてきたこと、今後も受け継ぎジャニーズの新時代をつくれるように、思いを伝えていきたいです。素晴らしい日本のエンターテインメントを届けます」とコメントを寄せている。

「そもそも『なぜ紅白で芸能事務所の社長の追悼?』と疑問の声も多い同企画ですが、デビューしてもいないグループのゴリ押しに批判が相次ぐも当然。世間から『紅白を私物化している』と叩かれるのは目に見えているだけに、SixTONESとSnow Manのファンも心配しています」(記者)

 ネット上では、「宣伝極まりない」「デビュー前に、なんで?って感じ」「先輩たちをさしおいて、ねじ込んだね」「事務所のゴリ押しがすごい」「これはタッキーやりすぎたね」と否定的な声が相次いでいる。

「活動休止を控える嵐をはじめ、音楽活動休止中のTOKIOや、失速中の関ジャニ∞など、不安要素は多い。事務所としては、SixTONESやSnow Man、次世代を担うJr.の存在を『紅白』を使って世間に周知させたいのでしょう。今回のねじ込みぶりは、滝沢秀明新副社長の焦りの表れともっぱらです」(同)

 今年のいわゆる“ジャニーズ出場枠”は、嵐、関ジャニ∞、Kis-My-Ft2、Hey! Say! JUMP、King & Princeの5組。白組司会の嵐・櫻井翔も含め、今年はジャニーズ色の強い『紅白』となりそうだ。

『紅白』「タッキーやりすぎ」「宣伝かよ」ジャニー氏追悼“デビュー前組”ゴリ押しに批判殺到のページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!