今月2日、今年最も注目を集めた言葉に贈られる『現代用語の基礎知識選 2019ユーキャン新語・流行語大賞』の年間大賞が発表され、日本中からアツい視線を集めたラグビー日本代表のスローガン「ONE TEAM」が選出された。

 アジアで初開催されたラグビーW杯で、史上初の決勝トーナメント進出と大躍進を遂げた日本代表。それだけに、ラグビー関連は大賞の「ONE TEAM」以外にも「にわかファン」「笑わない男」「ジャッカル」「4年に一度じゃない。一生に一度」と5つもノミネートされるなど、多くの関心を集めたことが窺える。

 だが、ネット上では「そこまで耳にしてない」「新語ですらないのでは?」と今年の大賞ワードに疑問の声も多い。

「確かにラグビー自体は大いに盛り上がりましたが、それよりも今年は事件や騒動といったネガティブな話題が豊富でしたからね。そのため、ノミネートされていた『上級国民』や『闇営業』を推す人間が目立ちました。

まあ、前向きな言葉の方が日本中を明るくできますから、ラグビー関連の言葉を選出した思惑も十分理解できます。ですが、国民にインパクトを与えたという意味では他にも候補があったのではないでしょうか」(記者)

 その一方で、現在芸能活動を自粛中のタレント・木下優樹菜の“とばっちり”を受けたとされるノミネートワードもあるという。

木下優樹菜『流行語大賞』も潰した? 釈然としない「大賞選出」あの爆発的ヒット作も“とばっちり”かのページです。エンタMEGAは、エンタメカルチャーの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!