『T-SHIRTS TRINITY』より

 木下優樹菜による「恫喝DM騒動」をモチーフとしたTシャツやトレーナーなどのグッズがネットで販売され、話題になっている。

 Tシャツの表面には木下が送ったとされる恫喝DMの文言がそのまま並んでおり、商品名は『「さやかの妹だけど」声に出して読みたい日本語』Tシャツ。「こっちも事務所総出でやりますね」「筋くらい通しなよ」「おばたん シカトですかー」といった乱暴な言葉もそのまま羅列され、かなりインパクトの強い商品となっている。

 ネットでは「センスありすぎ、ちょっと欲しい」「ネタに使えそう」といった意見や「もうちょっと『事務所総出で』とかのワードを抜き出して作ったほうが面白い」などの声が上がっている。多くの人が騒動を皮肉りつつ楽しんでいるようだ。

「これらのグッズは登録すると誰でもTシャツなどをデザインして販売できる、Tシャツトリニティというサイトで販売されています。遠目で見れば分かりにくいかもしれませんが木下さんが送ったと言われる『さやかの妹だけど。』から始まる一文がそのままプリントされていますので、ジョークグッズといったところでしょうか。

 今回のような話題性に富んだ騒動はこれまでもしばしばグッズ化されており、最近ではベッキーの『センテンススプリンググッズ』や猪瀬元東京知事の『5000万円グッズ』などが記憶に新しいところ。騒動を茶化すような目的があるようですね」(芸能雑誌ライター)

 ただしこうしたグッズは著作権に触れる可能性があり、注意が必要であるという。

木下優樹菜「恫喝Tシャツ」バカ売れ必至!? 今からでも間に合う流行語大賞へ!?のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!