10月30日放送の「太川蛭子の旅バラ(テレビ東京系)」にフリーアナウンサー・宇垣美里がゲスト出演。

 人気バラエティ番組かつ個性の強いレギュラー陣の太川陽介・蛭子能収との共演という、普通のタレントであれば気圧されそうなシチュエーションだが、持ち前の負けん気の強さを発揮。それぞれの個性が融合した“三位一体”のチーム感で劇的なゴールを演出した。

 同番組は路線バスを乗り継ぎながら、目的地へ時間内にゴールすることを目指すバラエティ番組。太川・蛭子をレギュラーとして、毎回マドンナとして女性芸能人をゲスト登用し、ゴールを目指す3人の忌憚ない掛け合いが見所になっている。

 今回のマドンナに起用された宇垣は、太川からスタート地点の三保の松原にちなんで天女と紹介されて登場。蛭子は宇垣の存在を知らなかったようで、太川から宇垣と対面した感想を求められると「すごく肌もきれいだし、一重まぶたも・・・・・・」と必至に褒めようとしたが、宇垣は「二重だよ!」と笑顔でツッコミを入れる。

 この初対面と思えないざっくばらんとしたやり取りで、3人の距離は一気に縮まったようにも見えた。その後のバス旅でも、宇垣はチームの和ませ役として蛭子をやさしい言葉で落ち着かせ、かと思えば運命の選択肢『バスルート選び』では、リーダーの太川にしっかりと意見して、対立関係を生み出し番組の見所をつくった。

 その物怖じしないしっかり者の宇垣に、普段はおとぼけキャラの蛭子も「女性の言うことは聞いておいた方がいい」とふたりきりになったタイミングで太川にアドバイスする一幕も。マドンナがチームに締まりを生み出す新しいバス旅トリオの形を宇垣が示したことで、次回以降も三蔵法師のような宇垣の姿が見られるかもしれない。

宇垣美里「二重まぶただよ!」蛭子能収の失言に即ツッコミ!バス旅で見せた“度量のデカさ”のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!