プロスケーターの安藤美姫が、17日放送のTBS・恋愛バラエティー「有吉と採点したがる女たち」に出演することがわかった。番組ではイケメンアイドルのデートを辛口採点するという。かねてから安藤自身もテレビでの辛口の物言いが話題となっており、たびたび「性格悪い」などと揶揄されている。しかし鈴木奈々や田中みな実、宇垣美里といった、「反感を買うとわかっていて発言する」タレントの需要も増しているだけに、ヒール路線に活路を見出すことで無理に良い人ぶるよりもテレビでの需要が期待できるのかもしれない。

 7月に放送された採点したがる女たちの第1弾に出演した安藤は、今回の第2弾にもしっかりと呼ばれたようだ。番組では“有名政治家の息子”というイケメンアイドルが、話題のドラマ「全裸監督」出演女優を相手に「自身が100点と思うデートプラン」を披露。安藤をはじめとした5人の女性タレントが、デートの内容や言動に辛口で採点を下す。

 辛口採点を任されることとなる安藤だが、以前からその物言いは特筆すべきものがあった。9月に放送されたTBS「出るか!?ヤバイよ新記録 リアルガチレコード」に出演した際には、早着替えなどのタイムアタックに挑戦するもお笑いトリオ「パンサー」尾形貴弘に惨敗したと知ると、尾形の着替えの不備をネチネチと指摘。その態度が原因でネットから、

「器が小さい」などのバッシングを浴びることとなった。

 しかし一方で、「嫌われる」とわかっていながら発言して、存在感を出すヒールな女性タレントも少なくない。インターネットで発表された2019年の「嫌いな女ランキング」2位となった鈴木奈々や、独特のキャラクターを持つフリーアナウンサーの田中みな実・宇垣美里など、世間に求められるヒールであれば需要が存在することも事実なのだ。

 現状の安藤の好感度を考えると、優等生を演じて愛されタレントを目指すよりも、物議を醸す嫌われ役に徹したほうが売れっ子への道は近いようにも感じる。本人が納得するのであれば、ヒール路線も考えてみる価値があるだろう。

安藤美姫「悪役確定」辛口キャラでドヤ顔恋愛批評!2020年の嫌いな女ランキング筆頭かのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!