2日、大阪のTOHOシネマズなんばで佐藤健主演の映画「億男」(10月19日全国公開)で上演された。上演後には、主演の佐藤健と高橋一生が登壇。会場はおおいに賑わった。

 同作は、川村元気原作の小説を実写化。失踪した兄が残した借金の返済に追われる主人公・一男が、3億円の宝くじに当選したことをきっかけに物語が展開していく物語で、佐藤が一男を演じ、高橋が一男の友人・九十九に扮した。

 この日、佐藤と高橋がサプライズ登壇したシーンのほかに、会場が盛り上がったのが「実物の3億円」の登場だ。これには佐藤も「おおー、これはどうも全部本物のようです」と驚き、この日は会場にゲストとして駆けつけた、大阪のおばちゃんによるユニット“オバチャーン”が、3億円よりも佐藤・高橋の両イケメンに夢中になる一幕も。オバチャーンが「3億円あったらどうするか」と尋ねたところ、気を利かせた佐藤は「せっかく3億円ありますから、一緒に世界一周でも行きます?」とリップサービス。オバチャーンのみならず、会場の女性客を虜にしていた。

 ただ、真の佐藤健ファンであれば、冷ややかな笑いを浮かべていたに違いない。佐藤といえば、ファンのあいだでも有名な「顔面至上主義者」。かつて、合コンでお相手女性のルックスが気に入らなかった際、同席していた俳優仲間にアイコンタクトをして、『ブース、帰れ!ブース、帰れ!』とコールさせたことはあまりにも有名だ。さらに、同作で共演した沢尻エリカには「その顔に生まれたことがラッキーだね」と褒め称えるなど、もはや公言しているようなものだ。

「顔面至上主義者」は、映画にドラマに引っ張りだこのイケメン俳優だからこそ許されるのかもしれない。今後、佐藤健「美女鑑定士」のお眼鏡にかなう芸能人が現れるか楽しみだ。

    佐藤健は美女以外に辛口?イケメンだからこそ許される「美女尊・ブス卑」のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!