辛口発言がブーメランとなって突き刺さってしまったようだ。

 1月20日に近藤真彦がパーソナリティーを務めるラジオ番組に、ジャニーズの後輩・木村拓哉がゲスト出演。番組では近藤が、木村が主演する映画『マスカレード・ホテル』について、本人に感想を述べた。

「18日に公開された同映画は、最終興収40億円超えが望める大ヒットスタートとなっています。しかし、映画を観た近藤からは『最初、髪の毛グシャグシャのヒゲ面で刑事として出てきて、その後ホテルマンに変わるじゃん? もう、出た瞬間に“あ、キレイになるんだろうな”って思った』『階段の降り方がリズミカルで、“コイツ計算してるな”』『ホテルを見つめるシーンでポケットに手を入れて、どっちかに体重偏らせたポーズを見て、“またコイツ狙ってるわ“』などと本音が炸裂。木村を計算高いナルシストとしてイジリ倒していました」(芸能記者)

 これにはネット上で批判が殺到。「何様??」「お前に言われたくない!」「“キムタクに物申せるオレ”がカッコいいと思ってそう」「近藤がパーソナリティーを務めるラジオなんて誰が聞くの!?」といったコメントが飛び交い、炎上騒ぎとなっている。

「木村は20日に出演した『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)で、ポケットに手を突っ込んだり、スタッフに『あ!』と凄んだりと態度の悪さが視聴者から非難されました。しかし近藤といえば、過去に『ジャニーズカウントダウン2014-2015』に出演した際、35周年とあってメインでメドレーを歌い、マッチ記念コンサートとなったことで、以来、ジャニーズファンからも老害認定されています。最近は演技の仕事からも遠ざかっているため、『お前が言うな』感を倍増させてしまったようです」(前出・芸能記者)

 マッチだけに火を付けるのはお手の物?

木村拓哉の演技に近藤真彦が辛口コメントも「お前が言うな」とブーメランのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!