元プロ野球選手でタレントの長嶋一茂から久々の「正論?」が飛び出した。

 11日、朝の情報番組『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日)に出演した長嶋は、接近中の台風19号による「東京23区の浸水の可能性」について振られると、長嶋は「浮き輪膨らませておいた方がいいかもわかんないね。これふざけて言ってるんじゃなくて」と指摘した。

 これに対し、ネット上では「これぞ長嶋流」「一茂が正論か」「間違いではない」との声が続出。台風の話題ということもあり、今回は慎重に言葉を選んだのだろうか。

「一茂さんといえば、的外れな『バカ発言』が有名ですよね。北朝鮮のミサイル発射のニュースでミサイルの発射角度が45°だと説明された際は、『ホームランと一緒だね』と野球を例えに出すなど、たびたび発言が注目されています。今回の『浮き輪』もまあ、わざわざ言うほどの内容ではありませんが、一茂にしては『正論』だったということでしょう」(記者)

 一茂の「浮き輪」発言に対し、MCの羽鳥慎一アナウンサーは「足が不自由な人とか全然動けない場合は、もしかしたら安心材料になるかもしれない」と同調。番組は滞りなく進められていったのだが……。

 羽鳥といえば、先日の「台風来い来い!」発言で絶賛炎上中だ。

長嶋一茂「超レア正論」をかき消す!? 羽鳥慎一「台風来い来い!」超問題発言の影響で……のページです。エンタMEGAは、エンタメ社会・事件の最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!