C.C.ガールズ3公式ホームページより

 オスカープロモーションが18日、報道陣を集めて新グループ・C.C.ガールズ3のお披露目発表会を開催。事務所の先輩である武井咲河北麻友子が「お祝いに駆けつけた」という体で登壇した。

 同グループは、1990年に青田典子、藤森夕子ら4人で結成されたC.C.ガールズのグループ名を継承した新グループ。2代目は98年から2003年まで活動しており、今回は3代目となる。

 C.C.ガールズ3は、ミス・ワールド2014日本代表の河合ひかるや、ミス・ワールド2015日本代表の中川知香などで結成された5人組。スタイル担当、セクシー担当、アイドル担当などがいるといい、この日はスタイルを強調した真っ赤なミニワンピで登場。

 お祝いの花束を渡した武井は、「今日はじめてお会いしたのですが、ハッとするほどオーラが感じられます」「すごい足がキレイ」などとコメントしていた。

「オスカーは、新人グループがデビューするたびに、武井などの売れっ子女優と抱き合わせてお披露目会を開くのが伝統。しかし、武井は子育てのために仕事をセーブしているため、マスコミの前に登壇するのは久々。そんな武井を引っ張り出すほど、ほかに集客力のある看板女優がいないということでしょう」(記者)

 オスカーといえば、看板女優の上戸彩と武井が結婚・出産を機に仕事を大幅セーブ。剛力彩芽もZOZO前社長・前澤友作氏と交際してからというもの、制御不能状態にあると言われている。

「今や、オスカーの屋台骨を支える主演女優は米倉涼子くらいですから、C.C.ガールズ3には期待を込めているでしょう。しかし、ネット上では『全く売れる気がしない』との声が相次いでいる。オスカーといえば、13年に次世代アイドルユニット“X21”を大々的にデビューさせたものの、泣かず飛ばずのまま昨年11月に解散。それ以前には、12年にガールズユニット“モデルガールズ”をデビューさせ大プッシュしていましたが、2年ほどで活動休止に。X21、モデルガールズ共に、お披露目会見には今回同様、武井咲が借り出されていました」(同)

 新グループがお披露目されるたびに、客寄せパンダとして借り出されている武井。報道陣を集められる看板女優が育ってほしい……と最も願っているのは、武井かもしれない。

武井咲がまた客寄せパンダに……オスカー新グループが「全く売れる気しない」と話題のページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!