立憲民主党の蓮舫参議院議員の息子・村田琳がここ最近、芸能界で引っ張りだこだ。

 2016年放送の『中居正広の金スマスペシャル』(TBS系)でテレビ初登場し、その後もしばしばテレビ番組にゲスト登場していた村田。もともとはアイドルグループ・VOYZ BOY(ボイズボーイ)のメンバーあるものの、19年からは俳優業にも進出。子供の頃のラグビー経験を買われて、現在放送中の『ノーサイド・ゲーム』(同)に出演している。

そんな、順風満帆の村田が、8月5日放送の『しゃべくり007』(日本テレビ系)に出演。母親との関係や自身がメンバーを務めるアイドルグループの話など、ありのままの自分を存分に披露したものの、ネットではそれが受け入れられなかった模様。「マザコンぶりが気持ち悪い」「髪型まで母親に似せて七光り利用が過ぎるぞ!」という批判のほか、「22歳にもなって『お母さん』と呼ぶなんて。しつけされてないの?」と母親の蓮舫に対しても批判の声が上がっている。

「今でこそ“母親大好きな好青年”風に見せていますが、09年に蓮舫さんがツイッターで『DS「イナズマイレブン2」の改造コードの入れ方をどなたかご存知ですか?私にはさっぱり…』とつぶやき、琳さんが“マジコン”と呼ばれるゲームをコピーできる違法機器を使用している疑惑が浮上していたとこもあり、結構やんちゃしていたみたい。よくぞここまで好青年を演じられるようになったなと感心しちゃいますよ(苦笑)」(マスコミ関係者)

このエピソードを聞くと、本当に好青年なのかと疑って見てしまうのだが、今は改心したということなのか……。

そんな村田への嫌悪感が広がっている中、その嫌悪感は家族全体へと徐々に広がっているようだ。

「琳さんは番組で、母親と子どもたちで父親をないがしろにしているということを自慢げにせせら笑う感じで話していたんですが、これが非常に印象が悪かった。『性格悪いなこの息子』『家族で父親いじめるって家族も性格悪い』と批判の嵐。また、過去に琳さんの双子の妹がテレビに出演した際、『芸能界には興味ないです』と言ったもののその言い方が自信満々でタレント気取りだと当時批判を浴びていたことや、母親の蓮舫さんは嫌われ議員の一人ですからね。家族全員が嫌われ批判を浴びている状態。ここまでの嫌われ方は工藤静香さん・Koki,さん親子を超えている感じが(苦笑)。琳さんのこの先の芸能活動は厳しいものになりそうですよ」(芸能誌ライター)

工藤・Koki,以上の嫌われ度とは、相当なものだが……。この先“嫌われ二世”のまま活動を続ける気なのだろうか!?

Koki,レベルに嫌われ? 蓮舫「マザコン息子」に拒否反応多々のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!