1日、俳優の木村拓哉と歌手・工藤静香夫妻の次女でモデルのKoki,(コウキ)が、9日発売の男性ファッション誌「MENS NON-NO 9月号」(集英社)の表紙を飾ることが明らかとなり、自身のInstagramにビジュアルをアップ。これまでのイメージを覆す男装ショットでネット上をザワつかせた。

「昨年5月発売の『ELLE JAPON』(ハースト婦人画報社)でモデルデビューして以降、各女性ファッション誌の表紙を飾ってきたKoki,ですが、今回は毛量多めのマッシュルーム風のヘアウィッグをかぶり、革ジャン&ニットというメンズファッションに身を包み登場。その髪型から、Hey! Say! JUMPの伊野尾慧が毛量アップした姿を連想させると指摘する声が集まるなど、反響を呼んでいるようです。90年代のスーパーモデルを目標に掲げたり、誌面では数千万円もする高級ジュエリーを身につけるなど、これまでは16歳らしからぬ浮世離れした感がありましたが、今回のイメチェンをきっかけに新規ファン獲得となったかもしれませんね」(芸能関係者)

 イメチェンといえば、先月30日にInstagramに投稿した、サービスエリアでソフトクリームを両手に持ち撮影した静止画&動画も、これまでのセレブ路線とは異なり、素の16歳の表情が見られると話題を呼んだ。

「高級ファッションに身を包んだ姿や、トレーニングに勤しむ意識高い系の動画をアップしてきたKoki,ですが、この日は黒の帽子にTシャツ&タイツというカジュアルな格好で生乳ソフトクリームを食べる姿を披露。コーンにアイスが溶け落ちていることに気付かないお茶目さもアピールし、『こういう庶民的なアイスも食べるんだ!?』『甘いものは節制してるのかと思ってた』などと驚き、親近感を抱くひとが続出したようです。また、今月1日には落ち木をへし折って焚火をし、スイートポテトを焼くワイルドな一面も見せ、お嬢様育ちのイメージを覆したようですね」(同)

 モデル、作曲、CM出演とマルチは活動を続けるKoki,。親の14光、ゴリ押しなどと否定されてしまいがちだが、徐々に自分の特色を出し、いずれは両親を超える活躍を期待したい。

木村拓哉の次女・Koki,「毛量アップ」の伊野尾慧に? 庶民派アピールでイメチェンかのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!