俳優・仲村トオルと女優・鷲尾いさ子の娘、モデルのミオが8月9日に初のデジタル写真集『ミオBIRTH』(文藝春秋)を発売することがわかった。

 ミオは1998年生まれの20歳。長身な仲村トオルと鷲尾いさ子の遺伝子を受け継ぎ、本人も身長は176センチ。すでに今年3月に「エビオス整腸薬」のCMで芸能界デビューを果たしており、各方面から注目を集めていた。

 ネットでは「仲村トオルと鷲尾いさ子が絶妙に混じってて美人!」「色白で背が高くてスタイルいい。女優もいいし、モデルでもよさそう」という声が多数上がり、反応は概ね好意的。評判は上々なようだ。

「3月にCMでデビューした時にも話題になったミオですが、やはり抜群のスタイルと美貌は目を引きます。手足も長くて色白で『装苑』(文化出版局)の専属モデルだったお母さんと同じように、モデル系の仕事を中心にするのではと言われています。母娘でパリコレに出演するという快挙にも期待ができるかもしれません。

 また、もともと仲村トオルは芸能活動には反対していたようで、過去に『娘のラブシーンは見たくない』とコメントしたことがありました。モデルならばそういったこともありませんし、安心ですね」(ファッション誌ライター)

 同じ二世タレントということで、早くも木村拓哉と工藤静香の次女・Koki,らとの比較の声が上がっている。

「早速、口さがない女性が集まるネット掲示板などでは『Koki,ちゃんと並んで、スタイル勝負してほしい!』なんて比較されちゃってますね(笑) しかし長く芸能界にいますが仲村トオルは堅実なタイプで、ミオの芸能活動にも反対だったくらいです。これまでもミオをアピールすることはありませんでしたし、七光りだと揶揄されるような活動はしないでしょう。むしろ他の二世タレントの親たちを反面教師にしているくらいなのでは」(同)

 本人コメントも「自分がこの先、どのように歩んでいくのかは、まだわからないけれど、“今”という時間を大切にしていきたいです」と謙虚そのもの。期待は高まるばかりである。

Koki,を「公開処刑」近し? 仲村トオル娘「ミオ」の評判が高すぎる!のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!