マツコ・デラックス、実は稲垣吾郎から拒否られてた?「完全終了」幼稚な言い訳、強い者の味方の画像1

 

 8月1日発売の「週刊文春」(文藝春秋)にて、新しい地図へのジャニーズ事務所の圧力問題の続報が報じられ、マツコ・デラックスへの直撃インタビューが現在物議を醸している。

 記事では、事務所退所後すぐに稲垣吾郎が『5時に夢中』(MX)に出演したことに触れ、その裏では、マツコが稲垣との共演NGを出していたことを報道。それを受け、マツコに直撃インタビューしたところ、マツコは「ジャニーズからの圧力はない」といい、共演NGにした理由を告白した。

 マツコが言うには、当時、稲垣は“旬”ではなく、新しい地図のマンパワーは中居正広や木村拓哉と比べると劣ると発言。また、稲垣が出演することで番組が築き上げたカラーが崩れることを心配し、仮に中居や木村との共演でもNGにしていたと明言。さらに新しい地図の露出が減ったのは、SMAPだからこそ注目されており、単にテレビ局が新しい地図に魅力を感じなくなっただけであると明言。圧力に異議を唱え、「公取委も暇よねぇ」(原文ママ)と呆れ声を上げていたようだ。

「簡単に言えば、稲垣さんは“旬”ではないから共演NGにしたと語ったマツコさんですが、実際には稲垣さんが出演した回は視聴率もよく、アンケート回答もいつもの数十倍という結果が出ており、マツコの“旬”ではないという発言に疑問を抱いてしまう。また、番組のカラーが変わってしまうと言ってましたが、稲垣さんを出したことでMXのオファー力が注目されましたから、インタビューにまったく説得力がありません。

 それに、木村さんともNGだといいながらも、自身の別の番組に木村さんを登場させたり、娘のKoki,さんや工藤静香さんをべた褒めしていたこともある。圧力や忖度はいいながらも、自身が一番、圧力・忖度していますよね(苦笑)」(芸能誌記者) 

 マツコといえば、ジャニーズタレントである関ジャニ∞・村上信五と番組をやっており、ジャニーズとの関係は濃い。そのため、このような新しい地図を批判するという違和感しか感じられない回答となったのだろうか……。

 それをさらに強めるマツコの気になる発言がある。それは『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系)での有吉とのやりとりだ。

マツコ・デラックス、実は稲垣吾郎から拒否られてた?「完全終了」幼稚な言い訳、強い者の味方のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!