「ミスコン関係者にロクなのいない」マツコ・デラックスがバッサリ

編集部

「ミスコン関係者にロクなのいない」マツコ・デラックスがバッサリの画像1

 20日放送の『5時に夢中!』(TOKYO MX)において、慶應義塾大学の学園祭名物行事である「ミスコンテスト」の分裂を報じる『夕刊フジ』(産経新聞社)の記事が取り上げられた。

 慶應義塾大学ではミスコンが大学公認サークルのもとに行われてきたが、16年に起きたサークル会員学生の女子学生への集団暴行事件を受けて団体は解散させられていた。その後、2つの新団体がミスコン開催を目指している。双方の団体は弁護士を立てて真っ向から対立中であるようだ。

 これを受けマツコ・デラックスは「大学時代にミスコンを主催してきたやつは、私の周りには近づかせない。大学生でミスコンやっている連中はロクなやつがいません」とバッサリと切り捨て、スタジオからは笑いが漏れていた。
ミスコンは企業スポンサーを付け、協賛金集めなどで多くのお金が動く。すでに大学生レベルで「プチ広告代理店」のような仕事をしており、そうした人物にマツコは好感を持っていないのだろう。彼らはそのままマスコミ業界にも流れてきそうなものだが、マツコとしては完全シャットアウトしたいようだ。

 さらに、元テレビ東京アナウンサーの大橋未歩は「出身の上智大学では、ミスソフィアが一年だけ開かれない年があり、代わりにミスアナウンサーコンテストが開かれて優勝した」と自身の経験を語った。
ミスコン出身者はそのままキー局のアナウンサーなど華麗な仕事に就く場合も多い。そうなると、マツコ的には大橋アナも気に入らないのかと思いきや「そのあと入れたのがテレ東ですから、かわいらしいもんじゃないですか」と話し笑いを誘っていた。

 マツコは、ハロウィンで騒ぐ若者に「どこかに隔離したら」と提言するなど「チャラいもの嫌い」として知られている。そこには「ミスコン関係者」も入るのだろう。
(文=相川ナロウ)

「ミスコン関係者にロクなのいない」マツコ・デラックスがバッサリのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!