1日放送の『5時に夢中!』(TOKYO MX)において、最新のVR技術を紹介する『東京新聞』(中日新聞東京本社)の記事が取り上げられた。記事によれば、外出が難しい闘病中の子供がVRで外の世界を体験したり、お気に入りのぬいぐるみを旅に行かせる様子を体験する試みが行われているという。
 さらに、子供ばかりではなく、お年寄り向けに孫の結婚式の様子をVRで見てもらい、その場に参加したかのような体験をしてもらうことも行っているようだ。

 VRといえばゲームへの応用といった、あくまでもバーチャルな運用に重点が置かれているが、今後はこうした現実とよりリンクした形での利用可能性も確かにありそうだ。

マツコがCG技術の未来を語る「VRでどこでも行きたい」のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!