マツコ・デラックスが「新しい地図」をこき下ろし炎上! 的外れで好感度急落

編集部

マツコ・デラックスが「新しい地図」をこき下ろし炎上! 的外れで好感度急落の画像1

 

「フラットなものの捉え方が売りだったマツコ・デラックスがここまでジャニーズ賛美に偏っているとはショックですね。マツコはジュリー氏(ジャニーズ事務所・藤島ジュリー景子副社長)やジャニタレに近づきすぎましたね……」(記者)

 公正取引委員会がジャニーズ事務所を注意した圧力問題について、1日発売の「週刊文春」(文藝春秋)でコメントしたマツコ。驚くことに、元SMAP「新しい地図」への暴言を連発しているのだ。

「完全にジャニーズ派と化したマツコは、『新しい地図』について『テレビ局は使いたくない』『SMAPだから使われていたわけで、SMAPじゃなくなった3人に魅力を感じますか』『あの3人はSMAPにいたからこそチヤホヤされていた』『あの3人は木村拓哉や中居正広とはマンパワーが違うのよ』『あの3人を使うんだったらキンプリを使いたいんですよ』などと発言。案の定、ネット上ではマツコに『見損なった』という声が殺到しています」(記者)

 ネット上では、「もうマツコの番組は見ない。あの毒舌は誰に対しても忖度ないと思うからこそ聞けてた。もう無理」「テレビバラエティの聖域と化していたオネエタレントの『言いたいことを忖度なく言ってる』という最大の魅力が瓦解した」「ジャニーズに忖度ないとかよく言えたもんだよね その為に3人を貶めるマツコ最低だわ」「新しい地図の3人は旬じゃないからTVで必要とされない?ふざけんな!芸能界の先輩に対してそんな物言いして本当に品格ゼロだな」(原文ママ)といった声が見受けられる。

「『新しい地図』はジャニーズ御用メディアから干されているだけで、むしろそうでないメディアでの活動はSMAP時代より盛ん。特に『新しい地図』を起用している『ドラゴンクエスト』(スクウェア・エニックス)関連のCMやパラサポ(日本財団パラリンピックサポートセンター)の活動なんかはSMAP時代から続いているもので、起用側がジャニーズ残留組よりも退所組を選んだ形。マツコの言う『SMAPだから使われていた』という発言は的外れに思えます」(同)

マツコ・デラックスが「新しい地図」をこき下ろし炎上! 的外れで好感度急落のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!