欅坂46・菅井友香、“嫌いな女”発言で守屋茜と不仲説 長濱ねるのイジメ騒動が再燃?

編集部

 アイドルグループ・欅坂46の菅井友香と守屋茜が、24日に放送されたバラエティ番組『痛快TV スカッとジャパン』(フジテレビ系)にゲスト出演。“嫌いな女”に関する菅井の不用意な一言が原因となり、守屋との不仲説が飛び交う事態となってしまった。

 「“嫌いな女”について訊かれた菅井は、『自分のことを名前で呼ぶ女』と答えたのですが、これに対して守屋がすかさず、『えったまに言ってる』と反応したため、『メンバーは大丈夫なんですけど』と、慌ててフォロー。
ポンコツキャラのキャプテン・菅井を、しっかり者の副キャプテン・守屋が支えるという良好な関係に思える2人ですが、今月2日に放送された冠番組『欅って、書けない?』(テレビ東京系)では、守屋へのプレゼントに値引きされた値札が付いていたことを暴露されただけに、『上辺だけの関係なのでは?』『裏ではギスギスしてそう』などと憶測する声が広まってしまったようです」(芸能関係者)

欅坂46・菅井友香、“嫌いな女”発言で守屋茜と不仲説 長濱ねるのイジメ騒動が再燃?のページです。エンタMEGAは、アイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!