欅坂46・菅井友香、滑舌が絶望的で朗読劇に不安の声 『顔だけ総選挙』で乃木坂46をライバル視?

編集部

 20日、アイドルグループ・欅坂46でキャプテンを務める“ゆっかー”こと菅井友香が、月曜パーソナリティーとしてレギュラー出演するラジオ番組『レコメン!』(文化放送)内で早口言葉を披露するも大失敗。通常であればファンは笑うところだが、今回ばかりは不安の声が殺到する事態になってしまった。

 「カ行が苦手なことからグループ名を噛んでしまう滑舌の悪さを愛嬌として受け入れられ、メンバーやファンからネタにされている菅井。同番組においても以前から、共演者のお笑い芸人・オテンキのりにイジられまくっているだけに、来月8日に公演される朗読劇『Reading♥Stage「百合と薔薇」』に出演することが16日に発表された時には、『なぜ、ゆっかーにオファーが!?』と疑問の声が飛び交うこととなりました。
番組内でも当然その話題がのぼり、早口言葉を披露することになったのですが、『ジャズシャンソン歌手』の“ジャ”の時点から爆死という絶望的な状態。ファンは不安を覚える一方、プレッシャーを受ける中での急成長に期待を寄せているようですね」(芸能関係者)

 この日の放送では、来月5日に開票が迫る、リスナー投票による『女性アイドル顔だけ総選挙』の話題にも触れ、ファンの間では水曜パーソナリティーを務める乃木坂46・堀未央奈との対決に注目が集まっている。

欅坂46・菅井友香、滑舌が絶望的で朗読劇に不安の声 『顔だけ総選挙』で乃木坂46をライバル視?のページです。エンタMEGAは、アイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!