21日に特別番組『ラジ(コ)フェス』(TBSラジオ)が放送された。爆笑問題をメインパーソナリティーに伊集院光、ジェーン・スー、赤江珠緒、ライムスター宇多丸ら、同局の名物番組の出演者が一同に介するもので、当初はピエール瀧の出演も告知されていたが、コカイン逮捕により立ち消えたとなった。

 ほとんどの出演者がピエール瀧と交流があり、何を語るかに注目が集まっていたが、瀧に関する話題は最初のゲストである伊集院光と爆笑問題の間で早速触れられた。

 太田が「俺は思うんだけど、芸能は道徳を求めるものではない」と話し始めると、伊集院は「道徳は求めないけど法律はダメだろうって」とフォロー。それでも太田は「道徳の教科書を読んで、それで済むわけがない。道徳の教科書がつまらないから、はみ出しものの芸能界に俺たちは行ったわけだろ」「はみだしものの世界といえば、この前亡くなった内田裕也さんなんてメチャクチャしてるんだよ」と話した。

 これに対し伊集院は賛同を示しつつも、過去の太田の発言を引きながら「あなたどこまで出たいんですかっていうのは別の話」として、芸人が薬物で捕まった場合、インディーズのライブ出演などで「お笑いを続けることは可能だが、視聴者の人が許さないモラルもある。法律をはみ出しちゃった人がテレビやラジオに出られるかといったら別の話。芸能の中でも枠がいろいろある」と、冷静な意見を述べた。

 さらに太田は、電気グルーヴとの思い出として「俺らの番組が初のテレビ出演だったんだって。『東京で初めて会った芸人がデンジャラスで興奮した』って話しており、どんだけマニアックなんだと驚いた。リハーサルでギャグをノリノリで言いまくってめちゃくちゃだったの。ただ本番になるとシューンとしているのわけ。どうしたのかって聞いたら、リハーサルを観ていたチェッカーズに楽屋に呼び出されてボコボコにされたっていうんだよ」と明かし、笑いを誘っていた。これには田中裕二がすかさず口をはさみ「ボコボコじゃないよ。怒られたくらい」とたしなめていた。

 新人時代から電気グルーヴを知る太田。ピエール瀧のブレイクをそばで見ていただけに、「法律のはみ出し」を残念がっているようだった。
(文=相川ナロウ)

爆笑問題と伊集院光、ピエール瀧への思いを激白のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!