千原ジュニアの「お笑い芸人はクスリと関わりゼロ!」発言が逆にあやしい。ピエール瀧の入手ルート確定で……の画像1

 

 ピエール瀧のコカイン使用容疑での逮捕劇は、芸能界に大きな衝撃と“恐怖?”を与えている。関東信越厚生局麻薬取締部(通称マトリ)はピエール瀧のコカイン入手ルートの捜査を進めており、ルートを特定できればその他のコカイン使用者を一網打尽にできる。渦中の芸能界でも「ルートが特定されれば、芸能人も芋づる式で捕まっていくのでは・・・」と話題になっており、損害賠償を負う可能性がある各事務所は戦々恐々だ。

 そんな芸能界への疑念が深まるなか「うちの業界にクスリをやっているやつはいない!」と断言する勇者?が現れた。それがお笑い芸人・千原ジュニア。17日にAbemaTVで放送された「Abema的ニュースショー」でその発言を行い、その理由として所属事務所スタッフに元警察官が入社したことを挙げた。定期的にコンプライアンス関連の話し合いを実施したうえで、元警察官スタッフから「これだけの規模の事務所で、クスリが入っていないのは不思議」とある種のお墨付きをもらったそうだ。

 さらに、芸人ならではの精神状態もクスリと縁遠い理由として言及。低賃金で10年以上にわたってお笑いをやること自体がジャンキーであり、お笑いという麻薬を知ってしまったから、と元警察官スタッフが話したという。さすが、ジュニア。お笑い芸人らしく、小噺のごとくクスリNO!を宣言したのはすばらしい。

 ただ気になるのは、「クスリに手に染めていないことを、それほど声高にアピール必要があるのか」ということだ。おそらくクスリと無関係の業界や事務所が大半であろう。しかし、その潔白さをメディアで発信しているのを聞いたことがあるだろうか。いままさに燃え盛る「芸能界×クスリ問題」にあえて加わってまで、アピールする千原ジュニアの真意はどこにあるのだろうか。

千原ジュニアの「お笑い芸人はクスリと関わりゼロ!」発言が逆にあやしい。ピエール瀧の入手ルート確定で……のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!