『さまぁ~ず』といえば、三村マサカズが番組でグラドルの胸を揉むなど度重なる「セクハラ」言動で批判を浴びてきたが、相方の大竹一樹のほうには「モラハラ」気質が指摘され始めている。

 女性たちが集まるネット掲示板がザワついたのは、3月17日に放送された『ボクらの時代』(フジテレビ系)でのこと。この日は元フジテレビでフリーアナウンサーの中村仁美が登場し、夫である大竹が放った衝撃の一言を明かした。

「大竹が事あるごとに番組で『鬼嫁』エピソードを披露していることに、中村はストレスを溜め込んでいたといいます。さらに現在、第3子を妊娠中の中村ですが、つわりがひどくて吐いていると、後ろを通った大竹が『くっせぇ』と言い放ったことを暴露。彼女は『誰の子どもだと思ってんの!みたいな』と笑いに変換しようとしていましたが、女性視聴者はドン引きしてしまったようです」(テレビ誌ライター)

 ネット上では「これ軽く言ってたけど、私なら無理だな」「笑えない」「ダメだ、大竹を見る目が変わってしまった」「有りえなさすぎて鈍器で殴りたい」などと女性たちから白い目を向けられ、大竹はフルボッコ状態となっている。

「中村は昨年10月に出演した番組でも、大竹のモラハラを暴露。彼女いわく、ケンカをした際に大竹は『この豚が!』『常識ないんだよ小娘が』と、普通の人は一生言わなさそうな下品なワードで罵声を浴びせてくるのだとか。しかも、子どもたちにも『あの女、ああいうやつだから気をつけろよ』と言ってくるそうで、その影響から子どもたちも汚い言葉遣いをするようになってきたと不満を爆発させていました」(前出・テレビ誌ライター)

 夫婦の話題になるたびにお互いが罵詈雑言を浴びせ合う状況だが、「鬼嫁キャラ」で中村にバラエティでの需要が生まれているのも事実。もしかしたら、夫婦による壮大な“共同作業”だったりして?

さまぁ~ず・大竹一樹、妻へのありえないモラハラに女性たちが「鈍器で殴りたい」のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!