2月20日放送の『1億人の大質問!? 笑ってコラえて!』(日本テレビ系)に、俳優の高橋一生がスペシャルゲストとして登場。無茶ぶりに応えてハイクオリティなモノマネを披露し、「高橋一生を国宝認定すべき」「似てる上に可愛すぎて感情ぐっちゃぐちゃ」とファンを喜ばせている。

 番組冒頭では出演者たちがゲストを当てるコーナーがあり、スタジオに高橋が登場すると観客からは黄色い大歓声が沸き立つことに。さらに街頭インタビューでは、「パエリア作ってそう」「全然老けない」といったヒントが挙げられていく。「会ったことがある」という女性から「いい香りがしました」とヒントがあり、そこで出演者から正解が出て高橋の登場となった。

 セット中央に高橋が立つと、進行役の佐藤栞里が「(用意されていた)スペシャルヒントにモノマネがありまして。もし良ければコチラで」と無茶ぶりが。高橋は「ここでやるんですか?」と驚きつつ、アニメ『ドラゴンボール』(フジテレビ系)のナレーションを真似て「ついに、クリリンが殺された」と披露。「似てる!」と拍手が起きると、高橋は照れくさそうにはにかんだ。

「思いのほかそっくりなモノマネを見せた高橋でしたが、さらに佐藤から『もう1つ得意なモノマネがあると。稲川淳二さんを……』と再びキラーパスが。『せっかくなので』という声に応えて気合いを入れた高橋は、ジェスチャーを交えながら『ずーーーっと長い丘を歩いていたら、後ろのほうからべらーーーんと長い舌が伸びて……首筋べろぉんと舐めたもんだからうあぁ!って』と披露。声音だけでなくテンポまで再現されたモノマネにスタジオは拍手喝采で、高橋は身悶えしながら『穴があったら入りたい!』と叫んでいました」(芸能ライター)

 そんな高橋の姿に、ファンは「モノマネを強要されて驚いてるの超カワイイ!」「まさか登場早々無茶ぶりが待ってるとは思ってなかったやろうね(笑)」「俳優がこんな真剣にモノマネしてるの初めて見たわ」「恥ずかしがる高橋一生から無限の癒しを感じる」と大興奮。実は以前にも高橋は、テレビ番組でモノマネを披露して話題を呼んだことが。

「高橋が2017年7月放送の『おしゃれイズム』(日本テレビ系)に出演したときのこと。舞台共演者の俳優・瀬戸康史が、高橋は本番前の発声練習でモノマネをしていると暴露。そこで高橋は歌手・玉置浩二と稲川のモノマネをしてみせ、MCの上田晋也に『これ発声練習になるんですか?』とツッコまれていました」(同)

 少なくとも“稲川淳二モノマネ”は持ちネタになっている様子の高橋。これからもどんどんレパートリーを増やしてほしい!

高橋一生が照れながら全力モノマネ! ファンから「国宝認定すべき」と称賛の声のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!