2月7日放送の『アウト×デラックス』(フジテレビ系)にボディビルダー・横川尚隆が登場。圧倒的な筋肉美とは裏腹に天然発言を連発し、「最高に好きなキャラが現れたwww」「カッコ可愛すぎて即ファンになったわ!」と視聴者を釘づけにしたようだ。

“アウトの新星”として紹介された横川は、パンツ一丁のボディビルスタイルで筋肉美を披露しながら登場。胸板や太ももなどあまりの分厚さに、番組レギュラーの南海キャンディーズ・山里亮太から「合成みたい!」と驚きの声が上がったほどだ。また横川が放つ存在感に、MCのマツコ・デラックスも「Mステにマライア・キャリーが出たときを彷彿とさせるほど(横川だけ)浮いてる感がすごい」と讃えている。

 21歳でボディビルに目覚め、わずか1年で日本ジュニアボディビル選手権で優勝を果たした横川。笑顔が輝かしい童顔タイプだが、ひとたびポーズをキメると共演者からは大歓声が。そんな横川は筋肉が発達しすぎて背中に手が届かず、入浴時に壁を泡立てて背中をこすりつけているという。ところが「タオル」という単語を聞いて表情が一転し、「タオルってなんですか?」と天然発言。タオルで背中を洗う方法を教えられると、「それがあったかぁ」と悔しがる様子を見せた。

「横川の天然発言は止まることを知らず、恋愛トークでも炸裂しています。“恋愛ができない”という横川は、『筋肉以外のことを考えたくない』と断言。続けて『筋肉ってすごい嫉妬深いんで』『女性のことを考えたら不倫なんですよ』と語りました。ちなみに横川は大胸筋が発達しすぎて、自分の目線から乳首を見失って焦ることもあるのだとか。それでも横川は『最終的には筋肉になりたい』と明かしていて、実現したとなれば乳首どころの騒ぎではないでしょうね」(芸能ライター)

 そんな横川の姿に、ネット上は「童顔・ゴリマッチョ・ド天然のコンボはとりあえずヤバい」「名言のオンパレードで筋トレしたわけじゃないのに腹筋が痛いwww」「『最終的には筋肉になりたい』って究極の名言じゃない?」「明日から筋トレがんばろって思えちゃうポジティブさが超いいな」と大盛り上がり。横川の筋肉美は本人によるSNS投稿でも堪能することができ、2018年12月のツイートで肉体の変遷を公開したことも。

「学生時代の横川は至って普通の体型でしたが、その1年後には横川の表現でいう『おデブ』に。そこから1年でバキバキにビルドアップされた姿が紹介されています。なお別のユーザーから『日に30時間鍛錬したんですね』と反応があり、横川は『60時間です』と返していました」(同)

 想像以上の天然ぶりを炸裂させた横川。ボディビル界だけでなく、バラエティ界でも旋風を巻き起こしてくれそうだ。

ボディビルダー・横川尚隆、超天然キャラが面白すぎてファン爆増!「最終的には筋肉になりたい」のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!