とろサーモンの久保田かずのぶと、スーパーマラドーナの武智が『M-1グランプリ2018』(テレビ朝日系)の審査員である上沼恵美子をSNS動画で批判した騒動は、現在もワイドショーをさわがせている。

 当の上沼本人は、吉本興業側から提案された2人の直接謝罪を丁寧に断ったとされる。これは大物の大らかさとして「怒っていない」わけではく、むしろ「意に介していない」とも取れるため、そちらの方がヤバいともいわれる。

「上沼さんは自身が目をかける人間を『快傑えみちゃんねる』(関西テレビ系)など自身の番組に招き、公開説教をするのが恒例となっています。未成年女性との不適切な関係が報じられた狩野英孝も呼び出されていますね。そこでは交際が報じられた加藤紗里との関係を『体に溺れているだけ。本当の恋じゃない』とバッサリと斬り捨てました」(芸能ライター)

 狩野のほかにも、衆議院議員時代の上西小百合も呼び出され、説教を受けている。最初は批判的だった上沼も、上西の「胆力の強さ」に関心する場面も見られた。

「上沼さんが番組に呼ぶのは、彼女の興味がある人間であり『立ち直ってもらいたい』『目を覚ましてもらいたい』といった愛情の入った説教だといえます。ネット上には久保田と武智を番組に呼んで説教をしてみては、といった意見もありますが、上沼さん本人にはそうした意思はないのでしょう。彼らにとってみれば、そちらの方がスッキリするのでしょうが、それすらできない『無視』『黙殺』状態にあるといえます」(同)

 上沼は関西の放送業界には絶大な影響力を持つ。当然ながら謝ろうにも謝れない状態のままでは、自体は膠着したままとなる。久保田と武智に待ち受ける未来は限りなく暗そうだ。
(文=相川ナロウ)

久保田・武智の『M-1』批判動画、上沼恵美子の「お説教」に呼ばれないのは一番ヤバい?のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!