6日深夜放送『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)において2日放送の『M-1グランプリ2018』(テレビ朝日系)が話題となった。

 この日の放送では第8回大会のチャンピオンであるNON STYLEの石田明が番組冒頭から登場。石田のスケジュールを1年前から押さえ、番組内容をディープに振り返る予定であったが、とろサーモンの久保田かずのぶとスーパーマラドーナの武智が上沼恵美子を批判するネット動画を投稿し炎上してしまっているため、この件には触れざるを得ななかった。そのため「1年前からオファーしてもらっていて、まさかこんなことになるとは……」と石田も動揺を隠せない様子だった。

 岡村もこの騒動に関しては思うところがあったようだ。久保田はクズキャラとして知られるため、場合によってはキャラとして冗談で済む場合もあるだろうが、今回のケースは「何回動画見てもわからんわ。悲しくなるというか、これはあかんわと思いました」と久保田と武智を批判した。「いろんな人にかわいがってもらわんと、かわいくないことしたらあかんと思うねん」と先輩芸人として苦言を呈した。

 さらに岡村は「『M-1』は好きすぎて思い入れのある芸人が多い」とし、「ネットのみなさんもどうやこうや言いたいのはわかりますけど、みんな熱くなりすぎているところがありますので、ちょっと何とかなって欲しいですけどね」と騒動の沈静化を求めた。

 石田も、同期芸人である武智に連絡したところ「猛省中です。また漫才できるようにやっていきます」といった状態であると報告した。石田は相方の井上裕介が当て逃げ事故を起こし謹慎していたため、彼らの気持ちも察せられるようで「耐え忍ぶこと石田の如しやぞ」ともメッセージを向けたようだ。

 岡村は「まさか平成最後の『M-1』がこういう感じで終わってしまうとはと思いますけど」とも話しており、落胆は隠せないようだった。
(文=相川ナロウ)

ナイナイ・岡村隆史、ノンスタ・石田明と『M-1』一連の騒動を語るのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!