29日深夜放送の『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(ニッポン放送系)において、この3月に終了した『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)の裏話を岡村が披露した。

 この日の放送ではムダ毛の処理がフリートークのテーマとなり、番組の名物企画であった「めちゃ日本女子プロレス」に登場する岡村扮するチビタイガーの下半身の毛は「全部剃っていた」と話した。

 チビタイガーは試合の途中に現れるキャラクターである。マスクが取られることはないが、そのかわりに下半身がむき出しとなり、気づかないままブレイクダンスなどを踊る設定だ。肝心の部分は虎のマークで隠されている。

 確かに映像を見返してみると岡村の下半身はきれいにムダ毛処理がなされている。陰毛から地続きのほかの毛、ヘソから股下まで地続きのいわゆる“ギャランドゥ”も見られない。より小さいマークで隠せるよう、テレビ写りを意識したものなのだろう。

 さらに、これに続く話として、岡村はチビタイガー企画で下半身を剃ったあと、性風俗店に行く場合には「驚かれないように先に毛がないと言っていた」とも述べた。岡村は風俗遊びに関しては紳士的なことで知られるため、相手の女性に対する細かい配慮も欠かさないようだ。

『めちゃイケ』の裏話をめぐっては、11月によゐこが、タカアンドトシの北海道のローカル番組において「実は細かい台本があり、話すセリフはすべて決まっていた」といった裏話を暴露している。『めちゃイケ』は行き当たりばったりのハプニングを映し出しているようでいて、実際のところは緻密に計算されたひとつの作品であったのだろう。これからも、ふとした拍子にこうした裏話が出てくるかもしれない。
(文=相川ナロウ)

岡村が『めちゃイケ』名物企画の裏側を暴露! チビタイガーの下の毛は「全部剃っていた」のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!