嵐・櫻井翔、グループ活動に未練? 『THE MUSIC DAY』の出演者に「楽しそうだな」と本音漏らす

斉木順

 嵐の櫻井翔が5日に放送された情報番組『ZIP!』(日本テレビ系)にVTR出演し、司会を務めた大型音楽特番『THE MUSIC DAY』(同)終了後の心境を語った。出演者たちのパフォーマンスに「楽しそうだな」と強く感じたと話し、グループ活動への思いをうかがわせたことが話題になっている。

 これまでの『THE MUSIC DAY』では、司会をしながら嵐としてパフォーマンスも披露していた櫻井。初めて司会に専念した今回の放送を終えての心境を、同番組の進行を務めた水卜麻美アナがインタビューした。

 水卜アナは「今まで櫻井さんって、これだけの長い司会をしながら最後に歌ってらっしゃったんだなって……」とあらためて驚きを口にし、それに櫻井は「ヤバイよね? わかってくれた?」と自身の苦労を冗談めかしてアピールした。

 続けて、櫻井は「あらためて、Perfumeの皆さんとか、踊っていて『カッコイイなあ』とか、パフォーマンスしていて『楽しそうだなあ』というのは、より強く感じたかもしれないですね」と語り、司会に専念したからこそ感じた思いを明かした。

 この時、櫻井が一瞬寂しそうな表情を浮かべたことで、その心境を思いやるファンが続出。ネット上では「翔くん、Perfumeさん見てグループでのパフォーマンスやっぱりいいな…って思っちゃったのを吐露していて切ない」「歌って踊る翔くんは本当に楽しそうだもんね…切ないな」「ファンもそうだけど、翔くんも嵐が出演しないことに寂しさを感じたのかな」「櫻井くんの『楽しそうだな』って言葉に胸がギュッとなった」といった声が寄せられている。

 一部では「嵐の活動に一番未練がありそう」「櫻井くんはグループ活動休止したくなかったのかも」「本当は今までみたいに嵐として歌いたかったんだろうな」といった推測もファンから寄せられていた。

 同番組では、櫻井は2013年の第1回から8年連続で司会と嵐としてのパフォーマンスを兼務してきた。今年はサックスを演奏する場面はあったものの、当然ながら周りに嵐のメンバーはおらず、櫻井もどこか寂しさを感じたのかもしれない。
 
嵐がグループ活動を休止してから半年以上がたったが、ファンにとっても櫻井にとっても、あらためてその事実を痛感させられることになったといえそうだ。
(文=斉木順)

<ライタープロフィール>
雑誌や書籍、ネットメディアで芸能記事を執筆中。アイドルから俳優、歌手、大御所まで幅広くカバーする柔軟さと情報網が強み。

嵐・櫻井翔、グループ活動に未練? 『THE MUSIC DAY』の出演者に「楽しそうだな」と本音漏らすのページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!