櫻坂46キャプテン・菅井友香、後輩から「ババア」呼ばわり? 『先輩にツッコミたい』企画に反響

永尾兼

 6月27日深夜に放送された櫻坂46の冠番組『そこ曲がったら、櫻坂?』(テレビ東京系)では、先週に引き続き、お笑いコンビ「オアシズ」の大久保佳代子を講師に招いて『番組盛り上げテクニック講座』を実施。2期生から1期生への“下剋上”が注目を集めた。

 前回、他のメンバーのトーク中に大きなリアクションをとって番組を盛り上げる“助け合う技術”や、イジられた時の返し方などのテクニックを学んだメンバー。今回は、2期生の大園玲による「先輩にツッコミたい!」という相談を解決することから始まった。

 この解決策として大久保は、「ツッコむなら振り切ってタメ口に」した方がコントっぽくなって盛り上がるとアドバイス。これを受けて、グループ最年少15歳の山崎天が、25歳でキャプテンの菅井友香を相手に実践することに。以前から同番組内で“滑舌が悪い”ことをネタにされている菅井に対して、山崎が「噛んでんじゃねえよババア!」とツッコみ、菅井が「はいはい、ババアババア」と悲しい表情に…、という流れが完成してスタジオ内に笑いが起こった。

 また、意外な組み合わせでも番組は盛り上がった。プロレス風のマイクパフォーマンス対決では、2期生の藤吉夏鈴が、普段はクールな1期生・小林由依の「たまに甘えてくる」という“裏の顔”を暴露するも、自身も同様であることを明かされてしまうことに。さらに、『叩いて被ってジャンケンポン!』ゲームでは、負けず嫌いな性格から“軍曹”と称される1期生の守屋茜が、後輩の守屋麗奈と対決し、髪型を崩しながらも勝利を収めるなど、2期生が積極性を見せたことで先輩のキャラも際立つことになった。

 1期生と2期生の絆に関しては、番組内でのやりとりだけでなく、6月16日から18日まで3日間開催された単独ライブ『BACKS LIVE!!』でも深まった。このライブは、4月にリリースした2ndシングル『BAN』の表題曲およびカップリング曲で3列目に配置された16人のメンバー(※)によりパフォーマンスが披露された。

※1期生:上村莉菜、齋藤冬優花、土生瑞穂、原田葵、守屋茜、渡辺梨加/2期生:井上梨名、遠藤光莉、大園、大沼晶保、幸阪茉里乃、関有美子、武元唯衣、増本綺良、松田里奈、守屋麗奈

 このライブでは、各楽曲のセンターが“立候補制”で選出されており、先輩に遠慮してしまうと前に出ることができない状況だったが、2期生は全員が同ポジションを務めた。6月27日に投稿された1期生・齋藤冬優花のブログによれば、約1カ月間のリハーサル期間を通じ、2期生とは「お互い言い合える仲になれて本当によかった」とのことで、グループの結束が高まることになったようだ。

 齋藤は2期生のことを「優しくて礼儀正しくて良い子たちばかり」と絶賛しているが、だからこそ、『そこ曲がったら、櫻坂?』で先輩にグイグイとツッコむことでギャップが生まれ、1期生のキャラも引き立ち、番組も盛り上がる。今回の『番組盛り上げテクニック講座』が、今後どう影響していくのか楽しみだ。
(文=永尾兼)

<ライタープロフィール>
AKB48にハマったのをキッカケに、女性アイドルの追っかけ兼ライターとして活動中。現在は坂道グループ(乃木坂46、櫻坂46、日向坂46)の記事を中心に執筆。元乃木坂46の橋本奈々未を永遠推し。

櫻坂46キャプテン・菅井友香、後輩から「ババア」呼ばわり? 『先輩にツッコミたい』企画に反響のページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!