米倉涼子『ドクターX』新シリーズが正式決定! 発表前にこぼれ出た「視聴率女王・綾瀬はるか」へのライバル心

斉木順

 女優の米倉涼子が主演する人気ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)の第7シリーズが、10月から放送されることが正式発表された。先日、米倉は「アノ視聴率女優」に対してライバル心をむき出しにしたばかりで、今作への並々ならぬ意気込みをうかがわせている。

 同ドラマは、フリーランスの天才外科医・大門未知子(米倉)が「私、失敗しないので」の名ゼリフとともに、病院組織で騒動を巻き起こしながら、一切の妥協なく手術や治療を成し遂げる姿を描く。これまで2012年から6シリーズが放送され、シリーズ合計の平均視聴率は驚異の20%超えを果たしていた。

 新シリーズを期待する声は多かったが、昨春に米倉が大手芸能事務所から独立したことで先行きが不透明に。しかし、視聴者の思いに応えるべく、ついに米倉が2年ぶりの再登板を決意したようだ。

 新シリーズは、コロナ禍の医療現場をモデルにした「100年に一度のパンデミック」で激変する「東帝大学病院」が舞台。感染治療が優先されたことで内科が台頭し、かつて花形だった外科は「不要不急」として別棟の分院へ追いやられていた。そんな感染危機と新たな権力が渦巻く「東帝大」に舞い戻った未知子は、疲弊しきった医療現場で目の前の命を救うべく奮闘するが……という内容だ。
 
西田敏行、岸部一徳、内田有紀、遠藤憲一、勝村政信らおなじみの常連メンバーも再結集し、未知子が活躍する痛快な物語を盛り上げる。

 米倉は「絶対に前作を超えるものを作りたい!」などと意気込んでいるが、実はその思いが正式発表前にあふれ出てしまったことがあった。

 米倉は4月末に放送されたバラエティ番組『しゃべくり007』(日本テレビ系)にゲスト出演し、独立後の金銭管理の大変さを語るなどぶっちゃけトークを展開。そのなかで、自身を成長させるために日ごろから「悔しい探し」をしていると明かした。

 その例として、米倉は「たとえば、こないだ出た綾瀬さんは面白かったのに私はダメだったとか…」と、唐突に女優の綾瀬はるかの名前を出したのだ。

 綾瀬は3月に同番組に出演し、天然トークを炸裂させて爆笑をさらっていた。それをチェックしていたらしい米倉が、トークのウケ具合で綾瀬に負けたら悔しい……と考えていると明かしたことが話題になった。しかし、この発言は『ドクターX』の新シリーズが正式発表された今になってみると、別の意味が浮かんでくる。

 かつて、米倉は主演ドラマが軒並みヒットしたことで「視聴率女王」と称されていた。だが、現在の芸能界で「視聴率女王」と呼ばれているのは綾瀬。最近も、男女入れ替わり演技が絶賛された主演ドラマ『天国と地獄〜サイコな2人〜』(TBS系)が大ヒットしたことは記憶に新しい。

 日々「悔しい探し」をしている米倉が、自身を差し置いて「視聴率女王」になった綾瀬のことを意識していないはずがない。だからこそ、前述のトークで綾瀬の名前がポロリと出てきたのだろう。

 米倉にとって『ドクターX』の新シリーズは、独立後初の地上波主演ドラマというだけでなく、自身最大の当たり役によって「視聴率女王への返り咲き」と「打倒・綾瀬はるか」を狙う勝負作となりそうだ。
(文=斉木順)

<ライタープロフィール>
雑誌や書籍、ネットメディアで芸能記事を執筆中。アイドルから俳優、歌手、大御所まで幅広くカバーする柔軟さと情報網が強み。

米倉涼子『ドクターX』新シリーズが正式決定! 発表前にこぼれ出た「視聴率女王・綾瀬はるか」へのライバル心のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!