華原朋美、小室哲哉に「どんどん恋愛した方がいい」と驚きのアドバイス! トラブルの影響なく赤裸々トーク全開

斉木順

 歌手の華原朋美が、21日深夜に放送されたラジオ番組『TOKYO SPEAKEASY』(TOKYO FM)に生出演。音楽プロデューサーで元恋人の小室哲哉との恋愛がドラマ化されたら「私が自分で出たい」と語るなど、赤裸々トークが炸裂した。

 番組では、華原と小室の大ファンである社会学者の古市憲寿氏が聞き手となって対談形式でトークを展開した。

 華原は「小室さんの書く曲って、実際にしたことを書いている」と明かし、globeの大ヒット曲『DEPARTURES』の秘話を披露。当時、小室とケンカしていた時に「これ、僕の気持ちだから」と突然渡された曲が『DEPARTURES』だったそうで、もともとは華原のために作られた作品なのだという。
 
1人になって曲を聴いた華原は「涙ボロボロで…仲直りしました」と、効果てきめんだったことを告白。古市氏が「小室さんは忘れてそうですね」と言うと、華原は「いや、忘れてないと思います」と言い切った。

 また、華原は小室が実体験を基に曲作りをしているという観点から「あの方は、どんどん恋愛していった方が良いと思います」と、元恋人へまさかのアドバイス。未練ありげに語ったかと思えば、恋愛を勧めたりと、複雑な思いをのぞかせた。

 古市氏は、歌手の浜崎あゆみとエイベックスの松浦勝人会長をモデルにした男女の愛と別れを描いた連続ドラマ『M 愛すべき人がいて』(テレビ朝日系)を引き合いに、交際当時の小室と華原の関係を基にしたドラマを作ってほしいと希望。小室と華原の共通のイニシャルである『TK』というタイトルを想像しながら「2人の物語を見たいなあ」と語った。

 これを受けて、華原は「私、ドラマになるなら自分で出たいです」と本人役での出演を熱望。古市氏が「見たい」と反応するなど大盛り上がりとなった。

 昨年6月に古市氏は同番組で小室と対談トークしており、その時も「僕は『M』の小室さん版をやってほしいなと思っています」と希望を明かしていた。ちなみに、それに対して小室は「OKですなんて言えないよ(笑)。話せないことが多い」「しばらく経ってからにしてほしい」と、やんわり断っている。

 雑誌記者とのトラブルが報じられたことで体調や精神状態が不安視されていた華原だが、ファンの心配をよそに番組では元気いっぱいの様子。ネット上のファンからは「朋ちゃんのトークめっちゃ面白かった」「話の情報量がすごい」「I’m Proudの歌詞の話がまさかの展開に…」「思った以上に朋ちゃんしっかりしてるんだなあ」「小室さんと朋ちゃんの橋渡し役ができる古市さんもスゴい」といった感想が寄せられている。

 また、華原は21日に投稿したYouTube動画でTKO・木下隆行とコラボ。「ペットボトル」ネタを平然とぶっこむなど、そちらも相変わらずの暴れっぷりとなっている。

 バラエティ番組『アウト×デラックスSP』(フジテレビ系)への出演が大反響となった矢先、前述のトラブルが起きたことで大ブレーキになるかと思われたが、どうやらそんな心配は無用の気配。久々の生番組にもしっかり対応したことで、今後はさらにメディア露出が増えていく可能性がありそうだ。
(文=斉木順)

<ライタープロフィール>
雑誌や書籍、ネットメディアで芸能記事を執筆中。アイドルから俳優、歌手、大御所まで幅広くカバーする柔軟さと情報網が強み。

華原朋美、小室哲哉に「どんどん恋愛した方がいい」と驚きのアドバイス! トラブルの影響なく赤裸々トーク全開のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!