華原朋美、小室哲哉に「捨てられた」とぶっちゃけ発言! 某女性タレントを「あの女」呼ばわりする場面も

斉木順

 歌手の華原朋美が、1日に放送されたバラエティ番組『アウト×デラックスSP』(フジテレビ系)に出演。元恋人の小室哲哉との恋愛を振り返って「捨てられた」と明言するなど、ぶっちゃけトークを炸裂させた。

 番組では、レギュラー出演者のマツコ・デラックスが大好きな曲として、華原のデビュー曲『keep yourself alive』や代表曲『I’m proud』を挙げ、それに華原は「(小室に)捨てられる前の曲はすごくいいんですよ」と返答。さりげなく「捨てられた」という事実が明かされたが、ラブラブだった『I’m proud』のころは「絶頂の愛」を感じながら歌っていたそうで、公私ともに最高潮だったという。

 また、華原は小室と痴話ゲンカをしていて2人で乗るはずだった飛行機の出発を待たせてしまったことがあるそうだが、華原は当時のことを謝罪しながら「それ(ケンカ)が歌詞になってお金を生む」と発言。作品と私生活が密接に関係していたようで、そうやって大ヒット曲が誕生したこともあるそうだ。

 だが、華原によると「別れが近づくにつれて(小室の曲作りが)雑になっていく」とのこと。スタジオに現れず、電話連絡もつかず、どこにいるかすらわからない状態が続いた末に「いきなりいなくなる」のだという。別れ方はいわゆる「自然消滅型」のようで、華原は「結局、いつ別れたんだろうって感じで」と恨み節を炸裂させた。

 番組中、華原は「捨てられた」と何度も繰り返し、小室に対して「いい思いもさせていただいた」「(小室の曲を)歌って生活させていただいている」と感謝しつつも、複雑な思いがあるようだった。

 マツコが「(小室の)その次の女性も大変だったみたいだもの」と名前を伏せて話すと、華原は「あの女は本当に腹立ってます」と怒りのコメント。「あの女」というフレーズはネット上でも大きな話題を呼んだ。

 SNS上では「globeのKEIKOのこと?」「KEIKOをあの女呼ばわりはどうかと思う」と早合点する視聴者もいたが、これはおそらく華原と破局した前後に小室との交際を開始し、2001年にデキちゃった結婚するも、わずか10カ月でスピード離婚した元dosのAsamiのことだろう。むしろ、華原はKEIKOについて「別れたと聞いたので、もうglobeの曲は歌えない」などと話し、ある意味での「同志」として敬意を持っているようだった。

 小室との熱愛と破局は現在も尾を引いているようで、華原は「あそこから、いい人がずっと見つからないで今日まできちゃってるんで。本当にあんなことがなければ…」としみじみ語っていた。

 一部では、華原が公式YouTubeなどで不安定な様子を見せたこともあったために「バラエティに出て大丈夫なの?」「時期尚早では」といった声もあったが、今回のトークは爆笑に次ぐ爆笑で大好評。いくぶん体型がふっくらしたことに驚く声は上がっていたものの、想像以上の復活ぶりにファンは安堵したようである。

 久々のバラエティ出演が大成功となった華原。ネタにされる小室は心中穏やかでないだろうが、ファンにとってたまらないぶっちゃけトークが今後も炸裂する可能性がありそうだ。
(文=斉木順)

<ライタープロフィール>
雑誌や書籍、ネットメディアで芸能記事を執筆中。アイドルから俳優、歌手、大御所まで幅広くカバーする柔軟さと情報網が強み。

華原朋美、小室哲哉に「捨てられた」とぶっちゃけ発言! 某女性タレントを「あの女」呼ばわりする場面ものページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!