Travis Japan、ジャニーズ事務所の“推し”強化で「デビュー当確」説が浮上

斉木順

 ジャニーズJr.内ユニット「Travis Japan」(通称トラジャ)が10日、初の全国ツアーの東京公演を開催。メンバーの松田元太が「デビューしますという強い気持ちがある。待っていてください」と宣言し、重大発表も相次いだことで、ファンが「デビュー確定か」とざわつく事態となっている。

 同ユニットは、マイケル・ジャクソンらを担当した振付師のトラヴィス・ペイン氏のメンバー選考によって2012年に結成。今回の全国ツアーに際して、ジャニーズ事務所の滝沢秀明副社長は「海外に通用するジャニーズ初のアイドルグループになってほしい。まずは日本全国を制覇し、世界に羽ばたいていく準備段階というか、そういう入り口になる全国ツアーになればいいなという気持ちで見守っています」というコメントを発表しており、事務所からの期待は非常に高い。

 今回、松田はステージで滝沢副社長に直訴するかのように「デビューしますという強い気持ちがある」と発言し、本人たちも近いうちのCDデビューを見据えていることをうかがわせた。
 
同日、5月23日に開催される全国ツアーファイナルの神奈川・パシフィコ横浜 国立大ホール公演の昼の部が生配信されることが急きょ決定。さらに、今月19日にグループ初となるメンバー7人全員での冠ラジオ番組『Travis JapanのオールナイトニッポンPremium』(ニッポン放送)が放送されることも発表された。
 
最近、ネット上では「ジャニーズ事務所関係者が“近いうちにTravis Japanのデビュー発表がある”と暴露した」とのウワサが飛び交っており、一部でファンがざわつく状況となっていた。

 当然ながら「ガセの可能性が高い」「ただのネットのウワサ」といった声もあったのだが、ライブでのメンバーの発言、滝沢副社長のコメント、ツアーファイナルの生配信決定など、デビューを予感させる出来事が相次いだことで「本当にデビューありそう」「ツアー最終日に発表?」「ラジオで発表かな」と期待するムードが高まっている。

 そのなかでも、特に『オールナイトニッポン』は注目度が高い。ジャニーズJr.で同番組を担当するのは、2019年8月の当時デビュー前だったSixTONES、2020年12月の「なにわ男子」以来となる史上3組目。「なにわ男子」は“デビュー当確”といわれて久しく、Travis Japanとの同時デビューもウワサされている。少なくとも、ジャニーズJr.内で両ユニットが「別格」扱いされているのは間違いない。

 また、今回の全国ツアーで「メンバーの新幹線移動がグリーン車になった(※通常のジャニーズJr.は指定席)」と明かされたり、滝沢副社長がコンサートを視察していたとの目撃情報が上がったりといった要素も「デビュー秒読み」説の信憑性を高めているようだ。

 はたして、メンバーにとってもファンにとっても宿願となるCDデビューが近いうちに発表されることになるのだろうか。
(文=斉木順)

<ライタープロフィール>
雑誌や書籍、ネットメディアで芸能記事を執筆中。アイドルから俳優、歌手、大御所まで幅広くカバーする柔軟さと情報網が強み。

Travis Japan、ジャニーズ事務所の“推し”強化で「デビュー当確」説が浮上のページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!