Travis Japan「デビュー内定」説が飛び交う… 「デビュー控える」と紹介&グリーン車移動にファンざわつく

斉木順

 ジャニーズJr.内ユニット「Travis Japan」(通称トラジャ)のCDデビューが内定しているのではないかと話題になり、ファンがざわつく事態になっている。

 話題の発端は、Travis Japanの宮近海斗が27日に放送された関西の情報番組『せやねん!』(MBS)にVTR出演したこと。宮近は同局が制作する放送中の深夜ドラマ『RISKY』に出演しており、その番宣を兼ねたインタビューが放送されたのだ。

 番組では、ナレーションで「今後デビューを控えるTravis Japan」などと紹介され、関西のファンらがSNS上で大騒ぎに。「デビュー確実みたいな言い方うれしい」「控えるって、もうデビューは決まってるってこと?」といった言葉が飛び交った。

 ジャニーズJr.内ユニットはデビューできずに解散してしまう場合も多々あるため、ナレーションどおりに「デビューを控えている」のであれば、デビューが内定しているという意味にもとれる。単に言葉のアヤだった可能性もあるが、ファンにとっては聞き逃せないフレーズだったわけだ。

 さらに、宮近はインタビューでジャニーズの新幹線移動におけるルールに言及。「バックダンサーの子は指定席、先輩などはグリーン車」という決まりがあるそうだが、Travis Japanは現在開催中の全国ツアーで「初めてグリーン車に乗ることができた」という。

 これも「デビュー内定」説を裏付ける要素だと感じたファンが多く、ネット上で「トラジャ、グリーン車ってことはそろそろデビュー?」「グリーン車がデビュー組の特権だとしたらトラジャもついに…!」「グリーン車移動って、マジでデビュー近くない?」といった声が寄せられている。

 だが、これに同じくデビュー間近とウワサされている関西ジャニーズJr.内ユニット「なにわ男子」のファンから「なにわもグリーンです」「トラジャがデビューっていわれてるけど、なにわもすでにグリーンだよね?」などと反論の書き込みが。

 Travis Japanは今回が初の全国ツアーとなっており、一方の「なにわ男子」は先に全国ツアーを経験済み。「全国ツアーを開催したユニットはグリーン車」というルールの可能性があり、こちらもデビュー内定を確定させるほどの根拠にはならなさそうだ。

 だが、ファンがこれほどざわついてしまうのは仕方ない面もある。近年はジャニーズ系グループの寿命が長くなったことで「デビュー組を厳選したい」という事務所側の思惑があり、デビュー争いが熾烈になっているからだ。

 前述の「なにわ男子」をはじめ、次期デビュー候補の筆頭格といわれた「美 少年」、ジャニーズJr.を統括する滝沢秀明氏のお気に入りとされる「IMPACTors」や「HiHi Jets」などがおり、まさに大混戦状態。Travis Japanは、メンバーの川島如恵留が今年で27歳になるなど「年齢的に順当なら次にデビュー」といわれて久しく、それだけにファンも敏感になってしまう部分がある。

 また、一部ファンの間では、2020年にSixTONESとSnow Manの同時デビューが大成功となったことから「関西からなにわ男子、関東からTravis Japanを選んで同時デビューさせるのでは」という見方も強まっているようだ。

 最近は、Travis Japanは青山学院大学出身の川島が「ジャニーズクイズ部」の一員としてクイズ番組で活躍したり、宮近らがドラマ出演で俳優として実績を積み重ねたりと、メンバー個人の躍進も目立っている。

 ファンの期待どおりにTravis Japanが次のデビューを勝ち取ることになるのか、それとも別のグループが選ばれるのか、はたまた2組の同時デビューとなるのか。今後もジャニーズJr.内のデビュー争いにファンの熱い視線が注がれることになりそうだ。
(文=斉木順)

<ライタープロフィール>
雑誌や書籍、ネットメディアで芸能記事を執筆中。アイドルから俳優、歌手、大御所まで幅広くカバーする柔軟さと情報網が強み。

Travis Japan「デビュー内定」説が飛び交う… 「デビュー控える」と紹介&グリーン車移動にファンざわつくのページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!