仲里依紗、ディズニーで“身バレ”危機の珍事に!? なぜか中傷コメント続出で「どう見てもネタ」「可哀想」と同情の声

斉木順

 モデルで女優の仲里依紗が、自身のInstagramで夫で俳優の中尾明慶と春休み中の「トカゲくん」こと7歳の長男と一緒に東京ディズニーシーを満喫したことを報告。「身バレ」の危機に陥っていたことを明かしたが、それが発端となってアンチコメントが集まるなど困った事態になったようだ。

 仲は3日付の投稿で「春休みのトカゲサービス!なかなか楽しいことさせてあげれてなかったからチケット取れてよかった」と綴り、ディズニーシーで長男と撮影した写真をアップ。同日に中尾も長男とのツーショットを公開しており、親子3人で楽しんだようだ。

 続けて、仲はカメのキャラクター「クラッシュ」との会話が楽しめる参加型アトラクション「タートルトーク」でのエピソードを披露。クラッシュに息子を指名してほしいと願いながら見守っていたところ、まさかの「私が当たっちゃった事件」が発生したという。

 名前を尋ねられた仲は「里依紗です」と正直に答えたが、クラッシュは「ミイサ?」と聞き間違え、仲は「修正するの恥ずかしくて。そう!ミイサ!!って言っちゃった」とのことで、そのまま乗っかってトークしたという。この珍事について、仲は「身バレを気にしてくれたのかな?クラッシュ笑。ありがとうねクラッシュ笑笑」などと綴り、芸能人である自分を気遣ってくれたのではないかと冗談交じりに振り返っている。

 ファンを喜ばせるユニークなエピソードだったはずだが、これがネットニュースになると「自意識過剰すぎる」「誰もあなたのことなんて見てない」「クラッシュはあなたのことなんて知らないよ」といった心ないコメントが多く寄せられる事態となった。

 これに仲はInstagramストーリーズ機能で「Yahoo!ニュースのコメント欄みたらやっぱり自意識過剰とか、もう面白すぎるくらいの誹謗中傷コメントがたっくさんあったの笑」と言及。普段から自身のYouTubeやSNSを見ているファンなら「冗談まじりのギャグ」だと理解してくれるはずだと主張したが、あまり知らない人であれば「まぁ、そう思うわな笑」と一応の理解を示した。

 その一方、中傷コメントに書いてあるようなことを心の中で思うのは仕方ないとしつつ、そういった内容を誰もが閲覧できる場所に書き込むことについては「トカゲくん(息子)にはしてほしくないな」「もっと優しい気持ちがたくさんあふれる世界になるといいな」と思いを綴っている。

 仲の気持ちが届いたのか、現在は「誹謗中傷する意味がわからない」「本当に何でもいちいち批判したがる人いるよね」「どう見てもネタで書いてるのに、これにアンチ行為するって信じられない」「誰も傷つけてない発言でこんなに批判されるなんて可哀想」といった意見が増加。ネットニュースのコメント欄も同情論優勢に傾いているようだ。

 ネットでは「ディズニー関係の話題は荒れやすい」という定説があり、それも誹謗中傷が続出した要因のひとつになってしまったのかもしれない。だが、そういった荒れやすい状況すらも思いを綴ることで変えてしまうあたり、彼女のママタレントとしての勢いを感じさせる出来事になったともいえそうだ。
(文=斉木順)

<ライタープロフィール>
雑誌や書籍、ネットメディアで芸能記事を執筆中。アイドルから俳優、歌手、大御所まで幅広くカバーする柔軟さと情報網が強み。

仲里依紗、ディズニーで“身バレ”危機の珍事に!? なぜか中傷コメント続出で「どう見てもネタ」「可哀想」と同情の声のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!