みちょぱ「ヒモじゃない」発言で注目の大倉士門、「関西でレギュラーの仕事がしたい」と意欲綴る

鈴木紬

 タレントのみちょぱ(池田美優)が、28日放送の『サンデー・ジャポン』(TBS系)に出演。「早く結婚したい」と語ったことで、お相手のモデル・大倉士門の注目度が上昇している。

 25日発売の「女性セブン」(小学館)で、『みちょぱ、元ジャニーズ大倉士門と熱愛 「私が面倒見る」と同棲開始』と報じられたみちょぱの熱愛。今年フリーになったばかりの大倉を支えるため、3年前から交際しているみちょぱが新居に呼び寄せたと伝えている。

 報道後初の生放送となった『サンデー・ジャポン』で質問攻めに遭ったみちょぱは、「まず、交際期間が3年っていうのも間違ってて」「(離れていた期間も含め)もう5年半くらいは……、テレビ出る前から(付き合ってる)」と交際期間を訂正。これまで彼氏がいないかのような発言をしてきたことを爆笑問題・太田光にツッコまれると、「言うワケないじゃん! 言う必要がないし、“それ要員”(自分の恋愛話ができるタレント)で番組に呼ばれるのがイヤだったんですよ。実力で出たかった」と説明した。

 さらに、「ひとつ言いたいのは」と切り出し、「面倒を見る」と報じられたことについて「『ヒモ男だ』みたいに勘違いされてる。そういうのは(彼は)一番嫌いなタイプなので、そこだけ勘違いしないであげてほしい」「自分で働いてますし、そこはかわいそう」と大倉をフォローした。

 また、結婚の可能性についても「私は全然してもいいと思ってます」「お互い早くしたいね(と言っている)」とあっけらかんと語ったみちょぱ。これにネット上では、「思わせぶりに『想像にお任せします』とか言うタレントより、堂々としてて気持ちいい」「まだ22歳なのに、考え方がはっきりしててすごいな」などと賞賛する声が相次ぐとともに、お相手である大倉への関心も高まっている。

 過去に関西ジャニーズJr.として活動していたこともある大倉は、今年に入り益若つばさや高橋メアリージュンらが所属する芸能プロ・エイジアプロモーションを退所。最近はネット配信番組やティーン向けイベントでMCを務めているほか、関西のバラエティ番組でも持ち前のトーク力を発揮している。

 大倉は今月、コミュニケーションアプリ「755」で「一個一個やりたいことが着実に進んでるこの感じが たまらなく良い。最高やあー。趣味、仕事、プライベート。全部が間違いなく着実に前に進んでる」と充実ぶりを明かし、「関西でのレギュラーの仕事がしたいな、まず」(原文ママ)と仕事の目標を綴っている。これを見る限り、ネットの一部でささやかれている“みちょぱのヒモ”説とはかけ離れた印象だ。

 “みちょぱの彼氏”として名前が一躍広まった今、オファーの急増も予想される。今後、みちょぱの活躍に引っ張られるように、タレントとして需要が高まる可能性もありそうだ。

 今月30日に都内で開催されるイベント『超十代 – ULTRA TEENS FES -』では、池田とふたりでMCを務める予定となっている大倉。交際発覚後初のツーショットで、どんな掛け合いを見せるか注目だ。
(文=鈴木紬)

<ライタープロフィール>
芸能誌の編集者を経て、エンタメ系ライターとして活動。関心のあるジャンルは、女性アイドルグループ、K-POP、ドラマ、お笑い、ユーチューバーなど。芸能人のSNSのパトロールが日課。

みちょぱ「ヒモじゃない」発言で注目の大倉士門、「関西でレギュラーの仕事がしたい」と意欲綴るのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!