長瀬智也・主演ドラマ、山下智久や窪塚洋介のゲスト出演に期待も… 「引退確定?」とファンは複雑な心境に

大西かずや

 TOKIOの長瀬智也が主演を務める連続ドラマ『俺の家の話』(TBS系)の第8話が3月12日に放送され、ゲストに佐藤隆太と矢沢心が出演したことで、ネット上では今後の豪華な出演陣を予想する声が飛び交っている。

 同ドラマは、2000年にヒットした連続ドラマ『池袋ウエストゲートパーク』(同/以下『IWGP』)で主演を務めた長瀬、脚本家の宮藤官九郎、プロデュ―サーの磯山晶氏が10年放送の『うぬぼれ刑事』(同)以来となる、約10年ぶりにチームを組んだことで放送前から注目を集めていた。

 そうした流れがあるなか、これまでの放送回では長瀬が東京・池袋の西口公園に足を運んだときに当時のBGMが流れたり、その際にカラーギャング風の格好をしていたりと、『IWGP』のオマージュ・シーンが挿入され話題に。

 そして今回、同ドラマで長瀬の相棒的な役を演じた佐藤と、脇役ながら特異なキャラを発揮していた矢沢が登場したことでファンをさらに盛り上げることになった。

 その『IWGP』では、カラーギャングのボスで通称“キング”役を演じた窪塚洋介がエキセントリックな演技で注目を集めブレイク。さらに、山下智久や妻夫木聡、高橋一生といった人気俳優らが当時はまだ売り出し中の若手として出演していただけに、ネット上では「今後も豪華ゲスト出演が続くのでは」との期待が高まっている。

 また次週の放送で、05年に長瀬が主演し同じく宮藤と磯山氏も関わった連続ドラマ『タイガー&ドラゴン』(同)に出演していた塚本高史が登場することが決定。こちらの作品には他にもV6・岡田准一や星野源らスターが出演していたが、今の流れで『俺の家の話』への参加もあるかもしれない。

 このように過去の共演者が続々とゲスト出演する背景には、3月いっぱいをもって退所予定の長瀬にとって今作がジャニーズ在籍「最後の連続ドラマ出演」であり、その花道を飾る意味合いがあるのだろう。

 ただ、退所後の長瀬活動については、一部メディアが「俳優業を引退して裏方に回るのでは」と報じており、それに対してネット上では「過去の共演者たちがお別れを言いに来ているみたい」「引退は確定ってこと?」などといった声が上がるなど、今後の芸能活動を不安視するファンも少なくないようだ。

 今作では、能楽の人間国宝である父・観山寿三郎(西田敏行)の介護を通じ、家族間のトラブルを解決して絆を取り戻すという、人情味にあふれた役を演じている長瀬。その姿はトラブルシューターとして池袋の街を駆け回った『IWGP』での役と、自身の役者としての成長を感じさせるものがあり、ファンとしてはこの先の活躍も見守りたいところだろうが、はたして?
(文=大西かずや)

<ライタープロフィール>
大学卒業後、広告業を経てライターに。映画、ドラマ、音楽、その他諸々についてWebメディアを中心に執筆を手掛けている。

長瀬智也・主演ドラマ、山下智久や窪塚洋介のゲスト出演に期待も… 「引退確定?」とファンは複雑な心境にのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!