『俺の家の話』第7話! 3分でわかるあらすじ 離婚による傷心&父親の認知症の悪化で主人公のメンタルが揺さぶられる

佐久間泰造

 TOKIOの長瀬智也が主演を務める連続ドラマ『俺の家の話』(TBS系)の第7話が3月5日に放送されました。

 家族に内緒で覆面プロレスラー・スーパー世阿弥マシンとして活動しつつ、能楽の人間国宝である父・観山寿三郎(西田敏行)の介護と『観山流宗家』の跡取り修行に奮闘する主人公・寿一(長瀬)の姿を描いた同ドラマ。

 前回、福島県にあるスパリゾートハワイアンズへ旅行をしたことで家族の絆を取り戻すことに成功した寿一ですが、今回は息子・秀生(羽村仁成)の親権を巡って元妻・ユカ(平岩紙)と争うことになってしまいます。

 結婚生活を振り返り、家にいるときは「殺気立っていた」と言われ、家庭を顧みずにプロレスのことばかり考えていたことを反省する寿一。ユカからは、秀生が能の稽古をすることを禁止されてしまいます。

 そうした離婚による傷心などによって、寿一は前回、寿三郎の婚約者で介護ヘルパーの志田さくら(戸田恵梨香)から愛の告白をされたものの、その気持ちを受け止めることができません。

 そんな折、観山家の倉庫から能面などの高価な道具が無くなっていることが判明。スパリゾートハワイアンズへ行く途中、元カノの望月ちはる(田中みな実)に交際時のお詫びとして能面をプレゼントしたことから、寿一は寿三郎がまた誰かに渡してしまったと疑うのですが、寿三郎は何者かに盗まれたと主張します。

 そのため、寿一は寿三郎のボケが進行していると半ば決めつけてしまうものの、能の体験入門していた男が泥棒であることが発覚。ただ、認知症のテストによって、寿三郎の記憶力が次第に衰えていることも判明し、介護支援専門員からは「施設への入所を検討すべき」だと宣告されてしまうのでした。

 そんな記憶力が薄れつつある寿三郎から、能の稽古に来ていない秀生に会わせて欲しいと懇願されたことで、寿一はプライドを捨ててユカに土下座。「親父(寿三郎)が死ぬまでは(秀生に)稽古をやらせてあげて」と頼み、誠意が伝わったことで承諾を得ます。

 その寿一には幼少期、能の稽古をしても寿三郎から褒められたことがなく、それで不貞腐れてしまったため、秀生に対して“同じような父親になりたくない”との想いから、プロレスを教えることを躊躇した過去があるのですが、秀生の手紙で尊敬されていることを知り、父親としての自信を得たところで終了となりました。

 前回はスパリゾートを舞台に“笑いあり涙あり”とエンタメ要素が凝縮されていましたが、今回は一転して全体的にしんみりとしていて、寿一のメンタルが多方面から揺さぶられる展開に。寿三郎の認知症が悪化し、残された時間を有意義に過ごすため、次回からはさらに家族の絆に焦点が当てられていくのでしょう。次週の放送を楽しみに待ちたいと思います。
(文=佐久間泰造)

<プロフィール>
高校卒業後、劇作家を目指し上京。舞台、映画、ドラマのレビューを中心にエンタメ系ライターとして活動中。メタボがちょっぴり気になる30代独身男。

『俺の家の話』第7話! 3分でわかるあらすじ 離婚による傷心&父親の認知症の悪化で主人公のメンタルが揺さぶられるのページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!