西野七瀬、「朝チュン、妊娠検査薬、分娩台…」主演ドラマ予告映像に衝撃走る

鈴木紬

 元乃木坂46の西野七瀬が主演を務めるAmazon Originalドラマ『ホットママ』(Prime Video、3月19日から配信、全12話)の予告映像が8日に公開され、衝撃シーンの連発にファンがザワついている。

 同作は、2013年に中国で放送されたドラマ『辣媽正傳』の日本リメイク版。日中共同プロジェクトとして制作され、日本と同時に中国の配信プラットフォーム「bilibili」でも配信されるという。

 西野が演じるのは、ファッションディレクターを夢見てアパレル会社で働く“夏希”。ところが、突然ベビー部門への異動を言い渡され、さらに再会した大学時代の同級生・元哉(千葉雄大)と一夜を共にし、数か月後に妊娠が発覚する。

 主演にあたり、西野は「初めて脚本を読んだ時、夏希という女性を演じる自分の姿がなかなか想像できませんでした。ですが、撮影に入ってから、仕事の夢に向かって突き進み、妊娠、結婚、出産・育児も、すべて頑張る夏希を、スタッフの皆さんと一緒に作り上げることができたと思います」とコメントしている。

 また、西野が「私自身初めてお見せするような表情がたくさん詰まった作品」とPRしている通り、予告映像では夏希が憧れの上司(板谷由夏)から「あなた恋人は? 結婚願望はある? 子どもは欲しいの?」と詰め寄られる場面のほか、セクシーなランジェリー姿で元哉と朝を迎える“朝チュン(直接的に“行為”の場面を描かず、朝、スズメが鳴いている音などを入れることで暗に示す技法)”シーンや、妊娠検査薬で陽性を確認して驚くシーン、夏希が分娩台の上で絶叫するシーン、赤ちゃんを抱っこしながら子育てに苦悩するシーンなどが公開されている。

 ネット上では、西野の体当たりの演技に「予告観たら情報量多過ぎて一瞬思考回路停止した」「な、なぁちゃん…!? 感情が追い付かない」「何でも挑戦する、なぁちゃんが本当に大好きです」「ラブシーンあるのかな? 覚悟して観ます」といった声が上がっている。

 加えて、「なぁちゃんの演技が上達してる!」と喜ぶファンも目立つ。2019年放送の『あなたの番です』(日本テレビ系)出演時には演技力を疑問視する声もあったが、その後も昨年放送の『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』(フジテレビ系)や、白石和彌監督の映画『孤狼の血 LEVEL2』(8月20日公開)など話題作への出演が続いたことで、順調に実力をつけているといえそうだ。

 衝撃的な予告映像が話題の『ホットママ』。今年は“女優・西野七瀬”にとって飛躍の年になるのかもしれない。
(文=鈴木紬)

<ライタープロフィール>
芸能誌の編集者を経て、エンタメ系ライターとして活動。関心のあるジャンルは、女性アイドルグループ、K-POP、ドラマ、お笑い、ユーチューバーなど。芸能人のSNSのパトロールが日課。

西野七瀬、「朝チュン、妊娠検査薬、分娩台…」主演ドラマ予告映像に衝撃走るのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!