西野七瀬を筆頭に… 乃木坂46・櫻坂46・日向坂46の“新旧エース”豪華共演にファン歓喜!

永尾兼

 元乃木坂46の1期生で女性ファッション誌「non-no」(集英社)でレギュラーモデルを務める西野七瀬が、同誌2月20日発売号の表紙&春服の特集ページに登場。季節を先取りした華やかな姿でファンの目を釘付けにした。

 撮影日は肌寒かったものの、「花が咲いたような七瀬の笑顔で気持ちが一気に春へ連れていかれました」とスタッフから絶賛された西野。乃木坂46では、グループ史上最多となる7回のセンターを務めエースとして君臨したが、2019年2月の卒業後、女優として活躍する現在もその魅力は増すばかりだ。今回、レース素材のシャツや純白のワンピースなどの春服に身を包んだ姿を披露し、「眼福ショットが盛り沢山!」「お花見デートしたい!」などとファンから絶賛の声が集まっている。

 その西野と入れ替わるようなタイミングで乃木坂46の4期生として加入し、“次世代のエース候補”として活躍する遠藤さくらも同誌のレギュラーを務めるが、今号では姉妹グループ・櫻坂46の1期生・渡邉理佐と、日向坂46の1期生・佐々木美玲とともに“坂道3姉妹”として共演。それぞれのイメージに合った春服のモデルを務めている。

 さらに“春色の新作コスメ”を特集したページには、昨年12月にリリースされた櫻坂46の1stシングル『Nobody’s fault』の表題曲でセンターを務めた森田ひかると、カップリング曲でそれぞれ同ポジションを任された藤吉夏鈴&山崎天の2期生トリオが登場。坂道グループが誇る新旧エース級のメンバーが勢ぞろいとなったため、「超豪華ラインナップ!」「今後もどんどん特集を組んでほしい」などと、ファンを歓喜させることになった。

 誌面での共演だけでなく、3月からひかりTVなどで配信予定のドラマ『ボーダレス』では、乃木坂46から遠藤と早川聖来、櫻坂46から小林由依、森田、渡邉、日向坂46から齊藤京子、濱岸ひよりが参加し、坂道の3グループがドラマで初共演することも大きな話題になっている。

 18年公演の『ザンビ』で舞台初共演を果たすなど、3つのグループの距離感が次第に縮まりつつあるため、ファンの間では楽曲でのユニット結成を期待する声も広まっている様子。それぞれの個性が絡まり化学反応を起こすことで、グループ全体がさらにパワーアップすることになるかもしれない。西野や白石麻衣といったレジェンド級のOGも含めて、今後の活躍が楽しみだ。
(文=永尾兼)

<ライタープロフィール>
AKB48にハマったのをキッカケに、女性アイドルの追っかけ兼ライターとして活動中。現在は坂道グループ(乃木坂46、櫻坂46、日向坂46)の記事を中心に執筆。元乃木坂46の橋本奈々未を永遠推し。

西野七瀬を筆頭に… 乃木坂46・櫻坂46・日向坂46の“新旧エース”豪華共演にファン歓喜!のページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!