木村拓哉・主演ドラマ『教場Ⅱ』が“金八先生”状態!? 「顔の区別がつかない」問題発生で不評も

大西かずや

 木村拓哉が警察学校の“鬼教官”風間公親役で主演する特別ドラマ『教場Ⅱ』(フジテレビ系)が1月3日と4日に放送され、それぞれ平均視聴率13.5%、13.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と好成績を残した。

 しかし、その内容に関しては、訓練生同士のいじめ、恋愛による妊娠、同性愛をこじらせての盗みや自殺未遂、副教官見習いの田澤愛子(松本まりか)による訓練生・比嘉太偉智(杉野遥亮)への色仕掛けなど、警察学校が舞台とは思えぬようなトラブルが次々と発生。これを受け、ネット上では人気学園ドラマシリーズ『3年B組金八先生』(TBS系)の「警察学校版?」と揶揄する声が相次ぐことになってしまった。

 また、それらの問題行為を“捜査”する風間の行動にも否定的な声が殺到。例えば、高さ約10mほどのビルからエアクッションの上へと飛び降りる避難訓練の場面では、風間はクッションの空気を抜き、愛子のカラダを比嘉の手だけで支えさせる宙ぶらりんの状態で、比嘉に色仕掛けしたかを問う“拷問”を決行。

 さらに、校内の備品を盗んだ杣利希斗(Snow Man・目黒蓮)を捜査する際には、それらの盗品によって簡易的な爆弾が作成できるとして、訓練生たちの目の前で実際に爆破させるシーンもあったため、「ムチャクチャすぎる!」「風間が一番の危険人物では!?」などと、ネット上を騒然とさせたのだった。

 このように問題児だらけの回であったにもかかわらず、「訓練生の顔の区別がつかない!」と見た目に関する個性の乏しさを指摘する声も。特に女性陣は全員が似たようなショートヘアーだったこともあり、視聴者を困惑させてしまったようだ。

 このことに関しては、昨年の同時期に放送された前作の訓練生が、大島優子や川口春奈など知名度の高い女優陣だったのに比べ、今回は上白石萌歌や福原遥など“準主役級”が揃ったことも起因しているのかもしれない。男性陣も前回の三浦翔平や林遣都と比べてしまうと“格落ち感”は否めなかったといえる。

 しかし、エンドロールが流れた直後、売れっ子俳優の北村匠海が刑事時代の風間の後輩・遠野章宏役で登場したことで、「一気に華やいだ!」と視聴者を沸かせた。

 そして、その遠野が不審者に襲撃されて意識を失い、風間も右目を刺されて“義眼”になった経緯などが明らかになったところで終了となったため、続編制作を憶測する声が飛び交うことになった。次回は“犯罪者予備軍”のような訓練生が集まる場所ではなく、本来のあるべき警察学校が描かれることを期待したい。

(文=大西かずや)

<ライタープロフィール>
大学卒業後、広告業を経てライターに。映画、ドラマ、音楽、その他諸々についてWebメディアを中心に執筆を手掛けている。

木村拓哉・主演ドラマ『教場Ⅱ』が“金八先生”状態!? 「顔の区別がつかない」問題発生で不評ものページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!