Snow Man「宮舘涼太のぞく8人で活動再開」にファンから心配の声も… “滝沢秀明マジギレ”報道と関連?

藤川響子

 宮舘涼太の新型コロナウイルス感染の影響で活動を自粛していたSnow Manが、宮舘を除く8人で1月6日から活動を再開することが発表された。これにファンからは活動再開を喜ぶ一方、宮舘を心配する声も相次いでいる。

 昨年12月21日、宮舘はジャニーズ事務所で定期的に実施されているPCR検査で陽性となり、新型コロナウイルス感染がわかったと発表された。残るメンバー8人全員が濃厚接触者にあたるため、初出場が決まっていた『第71回NHK紅白歌合戦』を始め、年末年始の仕事は全てキャンセルとなった。

 約2週間の隔離生活を経て、ジャニーズ事務所は1月5日、「一定の経過観察期間を経て、体調に異変はないこと、また、PCR検査におきましても8名全員の陰性を確認しましたので、明日1月6日より、まずは8名で活動を再開いたします」とSnow Manの活動を再開を発表。一方で、宮館については「活動再開の目処が立ちましたら、改めてご報告いたします」とした。

 しかしこの活動再開発表の直前、「週刊女性PRIME」(主婦と生活社)が「滝沢秀明がSnow Manにマジギレ、メンバーのコロナ感染理由が“女性関係”だった」という記事を配信。外出や会食の自粛が呼びかけられている最中、宮館が女性と飲みに行ったことを知った滝沢秀明・副社長が激怒し、宮館が「クビになる」と不安がっているという内容だった。

 そのため、宮館の復帰が遅れているのは体調面による理由ではなく、滝沢副社長の怒りを買ったせいではとの懸念が持ち上がっている。宮舘感染の翌日12月22日に感染が発表された風間俊介は1月5日からすでに活動を再開していることもあり、ネット上では「舘さまは?? 素直に喜べない……」「復帰の目処ってもちろんコロナよね?? なんかあっちの件で『待て』がかかってるのかと思っちゃう……心配」「まだ体調がだめなのか、タッキーブチ切れ報道関連で復帰させないのか。体調に全く触れてないのが違和感」と、宮舘を案じる声が多く上がっている。

 TOKIO・松岡昌宏はラジオ番組『TOKIO WALKER』(NACK5)で12月27日、「彼らにとってはやっとデビューできて初めての紅白。それを自分の責任で辞退せざるを得ないと考えた時に、そのショックってどこにぶつけりゃいいんだろうな、って」と下積みが長かった宮舘やSnow Manのこれまでの苦労に思いを馳せながら、「この向かい風を2021年、追い風に変えるのが彼のこれからやるべきことですし、やらなきゃいけない」と宮舘を激励していた。様々な人々の応援を力にして、早く元気な姿を見せてほしいものだ。

(文=藤川響子)

<プロフィール>
ドラマ「人間・失格」に出ていたKinki Kidsの堂本光一さんに一目惚れしてジャニーズ沼へ落ちた三十路ライター。いまは美 少年の浮所飛貴くんにときめいています。

Snow Man「宮舘涼太のぞく8人で活動再開」にファンから心配の声も… “滝沢秀明マジギレ”報道と関連?のページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!