ホリエモンこと堀江貴文氏が7月27日、自身のYouTubeチャンネルを更新。「ジャニーズ事務所からの独立は止まらない」と語り、その理由を解説している。

 堀江氏は、「2~3年前に大ヒットした曲を出してる某男性アイドルグループ」が所属する芸能事務所を挙げ、ジャニーズ事務所から「男性アイドルをプロデュースしたから」との理由で、かつて「ものすごい圧力」をかけられていたと暴露。

 加えて、20年ほど前に「ヒットチャートを席巻した音楽事務所」がジャニーズ事務所から圧力をかけられたことで「大変な目に遭ったと聞いている」と明かし、「それは亡くなったジャニー喜多川さんの功績、彼のセンス」があってこそできたことであると説明している。

 しかし、芸能界は「人脈とコネの世界」であるため、「ジャニー喜多川さんがいるか、いないかというのは、ジャニーズ事務所にとってはものすごい大きな違い」だといい、「ジャニー喜多川さんという重しがなくなったことによって、ジャニーズ事務所の力、看板、圧力が効かなくなってきた。これを見越して、いろんな人たちが脱退することになりました。手越(祐也)なんかもそう」と解説。

 堀江氏いわく、今後は「雪崩を打って、ジャニーズ事務所からタレントが、特に仕事を持ってる、数字を持ってる人たちが先にどんどん独立していくような現象が続く」と予想。

 さらに、「(所属タレントに対し)ネットの活用を妨害するような動き、あるいはそれに理解を示さない動きをすると、タレントの独立意欲がどんどん高まる」「今どきね、LINEを使うなとか、携帯使うなとか、古臭い事務所もあるみたいですけど、そんなことしてると滅びると思います」と持論を展開。

ジャニーズの「ものすごい圧力」を暴露! 「2~3年前に大ヒットの男性グループ」って誰?のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!