へずまりゅう「窃盗容疑で逮捕」! 本名発覚で「超意外な過去」も判明!?の画像1

へずまりゅう 公式YouTubeチャンネルより(現在はアカウント停止済み)

 “迷惑系YouTuber”として知られるへずまりゅうが、愛知県岡崎市内のスーパーの店内で会計前の「魚の切り身1パック」を開封して食べたとして、窃盗の疑いで逮捕されたことが7月11日、わかった。

 へずまりゅうは、自身のYouTubeチャンネルに「店の商品、会計前に食ってやったぜー」というタイトルで動画をアップ。「YouTubeポリシーに対する度重なる違反または重大な違反のため、このアカウントを停止しました」として現在はチャンネルごと見られない状態だが、問題の様子は、別のYouTuberが投稿した動画で確認することが可能だ。

「動画では、魚のパックを持ちながら店内の死角に進入したへずまりゅうが、笑いながらその商品を食べ終えると、空になったパックをレジに持っていき、会計を済ますまでのシーンが映し出されています。愛知県警の発表によると、撮影日は5月末頃で、この動画を見たスーパーの店長が被害届を出したことで事件が発覚したそうです」

 逮捕報道にネット上には「笑い方も不愉快」「会計前に食べるなんてアホ」「非常識な人やなそりゃ捕まるわ」などいったコメントが。

 へずまりゅうといえば、他の動画配信者に対して「メントスコーラ、お願いします!」などと執拗にコラボを迫ることで“迷惑系YouTuber”として知られるが、同業者のみならず、スーパーにまで迷惑をかけるという度を超えた行動が大バッシングを呼んでいるようだ。

 一方、この報道では本名(原田将大)も明らかになったのだが、それがキッカケで以前から囁かれている「意外な過去」にも注目が集まっているという。

へずまりゅう「窃盗容疑で逮捕」! 本名発覚で「超意外な過去」も判明!?のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!