V6の森田剛(41)と女優の宮沢りえ(47)の夫婦ツーショットが25日付の「FRIDAYデジタル」(講談社)でスクープされた。腕を組んで歩くラブラブぶりに「幸せそう」「お似合いの夫婦」といった声が続出し、異例の好感度の高さが浮き彫りになっている。

 ふたりの姿がキャッチされたのは5月下旬の夕方。都内の高級スーパーで仲良く買い物し、森田が食料品などを詰め込んだパンパンのエコバッグを肩にかけ、宮沢がそんな夫の腕にさりげなく手を添えている腕組みツーショットだ。

 森田と宮沢は2016年の舞台共演をきっかけに交際し、一昨年3月に結婚を発表。独身時代から数えると交際してから約4年間となるが、まだまだアツアツのようである。

 通常、いくら結婚を公表していてもジャニーズタレントの「夫婦ツーショット」はあまり歓迎されないもの。工藤静香が夫の木村拓哉の存在を匂わせるたびに炎上しているように、ファンとしては「アイドル」のままでいてほしいという思いがある。

 しかし、今回の森田と宮沢のツーショットに関しては「落ち着いた夫婦になった、素敵―!」「他人事なのに幸せそうで嬉しい」「見てるだけで幸せな気分になれる」などと好意的なコメントが殺到している。

 また、一部では森田が身に着けているベージュ系のアウターに「作業着っぽい」とツッコミが続出。だが、それが逆に親近感を醸し出したようで、ネット上では「落ち着いた大人の男になっていて好感が持てる」「ヤンチャなイメージだったけど良い感じに変わったなあ」といった声が上がっている。

森田剛、宮沢りえとのラブラブ腕組み写真で好感度爆上がり! 「作業着っぽい私服」にも親近感のページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!