6月18日、「週刊文春」(文藝春秋)のウェブサイト「文春オンライン」にて、お笑いコンビ・霜降り明星のせいやがSNSでナンパした元看護師で既婚者のA子さんに局部を見せて自慰行為を行うなどのセクハラ行為を行ったことが報じられ、話題を呼んでいる。

 記事によると、せいやはInstagramのダイレクトメッセージで連絡してきたA子さんに返信するなどして交流。せいやは面識がない状態でA子さんを5月6日にZOOM飲みに誘い、酔っ払ってセクハラ質問を繰り広げたあげく、自慰行為に耽る姿を見せるなどしたという。

 また5月8日、せいやはZOOM飲みにA子さんを誘い、今度はシラフ状態だったものの、またも自慰行為を見るよう要求。

 その後、緊急事態宣言が解除されるとA子さんへのLINEの返信が滞るようになり、傷ついたA子さんは「週刊文春」へタレコミをした。

 同誌にA子さんへのセクハラ行為を直撃質問されたせいやは、あせってA子さんにLINEし、セクハラ行為の謝罪や、「文春」に対して事件性がある言い回しを撤回してほしいと懇願。

 その際、A子さんへの好意の証として「◯◯ちゃん上白石モネちゃんにそっくりやったしほんまに可愛い」という賞賛の言葉を使っていたが、その謝罪LINEのスクリーンショットも記事に掲載されていた。

霜降り・せいやの「リモートセクハラ」で上白石萌音に流れ弾! 「共演NGリスト入り」は確実?のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!