5月5~7日の東京ドーム公演でのコンサートをもって卒業予定だった乃木坂46・白石麻衣が4月28日、自身の公式ブログを更新し、新型コロナウィルスの影響でコンサート開催が困難になったことを伴い、“卒業延期”を発表した。

 ブログには「今のこの状況の為、結果的には最後までライブの開催を発表することができませんでした」と状況を説明した上で、今後の卒業ライブについては「みなさんが安全に楽しんでいただける状況ができたら、改めて行いたいと思っているので、会場と時期が決まりましたらお伝えしたいと思います」と綴っている。

 この発表を受け、ネット上では「これは賢明な判断」「コロナじゃ仕方ない」「“乃木坂”のまいやんがまだ見られる!」と白石の卒業延期に対しさまざまな反応が寄せられており、また、同日放送の報道番組『ABEMA Prime』(AbemaTV)に出演したお笑い芸人のケンドーコバヤシからは「お別れの挨拶をしたいから延期、というのは『ファンファースト』、アイドルの鑑ですよ」と、白石の決意の称賛のコメントを送っていた。

 芸能界からも関心が寄せられている白石の「卒業延期」の発表。ただその一方で、一部の乃木坂ファンは、この延期をネガティブに捉えているようで、本来の卒業計画の変更を余儀なくされた白石に同情的なファンも少なくないという。

「白石さんといえば、卒業後は『女優業に専念したい』という旨を明らかにしていましたが、2月放送の『バナナマンのドライブスリー』(テレビ朝日系)で共演するバナナマンの設楽統さんから卒業後の動向について『女優さんでやっていくの?』と質問されると、白石さんは『女優一本ではなく、歌も音楽がやっぱり好きなので、やりたい』と引き続き音楽活動に取り組む意思も見せていましたよね。

卒業後もやる気満々な白石さんでしたが、卒業延期で、新たな芸能生活での様々な計画がいったん暗礁に乗り上げることに。そのため、ファンからは『早く卒業させてあげて』『逆に可哀想だわ』など、悲しみの声も聞こえてきますよ」(芸能ライター)

 ただ、仮にそのまま卒業したとしても、いまのコロナ禍では、新しい仕事をこなすことは難しいだろう。また、白石に続いて、順次卒業が予定される人気メンバーも何人かいたようだが、それらもすべて先送りになりそうだ。「卒業してほしくないけど、本人が望むなら早く卒業させてあげたい」……当面、乃木坂ファンは複雑な心境を抱えていくことになりそうだ。

白石麻衣、卒業延期で「計画台無し」!? 人気メンバーも「卒業スケジュール変更」不可避かのページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!