『M 愛すべき人がいて』スタート直前に“文春砲”! “マサ”ことavex会長・松浦勝人氏「大麻使用疑惑」の影響は?

編集部

テレビ朝日『M 愛すべき人がいて』公式サイトより

 歌手・浜崎あゆみの過去を基にした同名小説を原作とした連続ドラマ『M 愛すべき人がいて』(テレビ朝日系)の第一話が4月18日夜に放送される。

 同名小説は大手出版社・幻冬舎から2019年8月に発売。浜崎と彼女が所属する大手レコード会社・avexの会長である松浦勝人氏との恋模様が描かれていることで、発売当時かなりの話題となった。

 それだけに、ドラマにも注目が集まっており、ネットでは放送前から「楽しみ!」と言う声や、脚本を担当する鈴木おさむが「(自身が脚本を務めた人気ドラマ)『奪い愛、冬』の要素を加える」と明かしていたことで「どんな内容になるんだよ!?」「コメディーに振り切ってくれるなら見る!」と言う声も上がっており、期待が高まっていた。

 しかしそんな中、『M』の初回放送日の夕方に「週刊文春」(文藝春秋)のウェブサイト「文春オンライン」が、松浦氏がハワイの別荘などで大麻を使用していたという元社員の告白を報道。

 さらに、公式YouTubeでは、証言した元社員が録音したという松浦氏の音声が公開された。文春によれば、これらは“大麻使用を認める”松浦氏の声や“大麻使用している”松浦氏の声ということらしく、こちらもかなり生々しい内容となっている。

「松浦氏の大麻使用疑惑に関しては、『週刊文春』で過去に何度も追及されています。今回は松浦氏と親交が深かった元社員の女性が証言しているということで、信憑性が高いという印象を受けます。松浦氏は文春の取材に対して大麻使用を否定していましたが、YouTubeで公開された音声では使用を認めているように取れる話をしています。

『M 愛すべき人がいて』スタート直前に“文春砲”! “マサ”ことavex会長・松浦勝人氏「大麻使用疑惑」の影響は?のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!