昨年12月に離婚を発表した、タレントのあびる優と格闘家の才賀紀左衛門。ニュースサイト「週刊女性PRIME」(主婦と生活社)は4月9日、渦中の元夫・才賀の独占インタビューを掲載した。

 インタビューで才賀は、離婚理由のひとつにあびるの飲酒癖があることや、親権を得た娘との現在の生活ぶりを語っている。過去には才賀が別の取材で「優がお酒を断つのであれば一緒に育てていきたいとは思います」と心の内を明かしていたというが、はたしてあびるが禁酒を決断して夫・娘と復縁することはあるのだろうか……。

 報道によると、毎日のように飲み歩くあびるに才賀が離婚を決意し、あびるの生活習慣が子どもの悪影響になると考え「親権を渡せない」と感じたとのこと。離婚直後は男親が育児をすることへのプレッシャーがあったことなどが伝えられている。さらには「もうすぐ5歳になる娘から『ママに会いたい』と言われたことがない」という告白も。才賀が「ママに会いたいか?」と聞いても「大丈夫」と答えるのだという。

 離婚を発表した際には、あびるは所属事務所を通して「(娘の親権は)才賀が持ちますが、あびるはこれまでと同様の愛情を持って、育てていきます」とコメントした。一方で今回の報道では、離婚後に才賀が毎日あびるへ娘の写真とメッセージで送っていたものの、次第に返信の頻度が鈍っていき、最近はやりとりをしていないのだという。あびるにも多忙や生活環境の変化などの事情があるのは間違いないが、この状況を聞く限り復縁の可能性は低いと思わざるを得ない。

 このインタビューを受けて、ネット上からは「あびる優なにやってんねん!って思うし、酒やめなあかんわ!」「離婚で自分の過ちに気づいたかな?」など、あびるに反省を求める声が続出していた。一方で「子供は気を使ってるだけだと思うなぁ……」と、大人な答えをする娘の本心を推察する意見も飛び出していた。

 この離婚が正しい選択だったのか、今後元の鞘に収まることはあるのか。当人たち以外にはわからないところだろう。だがひとつ言えるとすれば、あびるの飲酒癖が直らないことにはに、この話は進展しないということだろう。

あびる優「ラストチャンス」? 元夫「悪癖直せば関係修復あり得る」も復縁が絶望的なワケのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!